How to fish

テナイステリング!!

1か月後、自分の任地に行ったらネットが全くつながらないらしいので、今のうちにできるだけ多くのことを書いておこうと思います。

今日は、日曜日で先週と同じように朝の6時45分出発で40分歩いて、アディスアベバの広場的なところにサッカーをしに行きました。今日は同期メンバー全員で参戦。
行ってみれば、やはり先週同様1000人を越える子どもから大人までもが、サッカー、陸上、そして筋トレをしていた。


僕たちがその場所についた瞬間、先週一緒にサッカーをした子どもたちが寄ってきて、かわいい顔をしながら「一緒に今日もやろう」と言ってきた。
オフコース一緒にサッカーをすることになった。
ボールは小学校の時に使ってたドッジボールをペコペコにしまくった感じで、コートは長細く、ゴールは石ころで作り、サイドには鉄の柵と石段がある。そして、グラウンドは赤土で半分が岩がむき出し、そして残りの半分の半分は水たまりでグチョグチョという最高の環境。
しかし、それが当たり前の子どもたちの笑顔。
しかし、その子どもたちの笑顔関係なしにボコボコにする私たち。
いつの間にか周りに日本人が珍しいのか、たくさんの人が集まり、2点ゲームの勝ち残りで次から次へと大人から子どもまで挑戦者がやってきた。結局、1時間ぐらい勝ち続けた。ただ、エチオピア人の大人は容赦なく足を削り、ずる賢いプレーをし、岩むき出しのグラウンドに張り倒してくる。まさに、Be Careful!!

エチオピア派遣メンバー
d0178633_19253769.jpg


常に怪我する守備の要 TAISHI
d0178633_2040277.jpg


体育が苦手な体育教師 ☆MARI☆(びわこ成蹊2期生)
d0178633_2045425.jpg


ぶっとびカリスマ体育教師兼ぶっとびFW SHIGEKI
d0178633_20492193.jpg


熱すぎるこの男 素人SATOSHI
d0178633_20582290.jpg


Mr.We are the world
d0178633_2111347.jpg



子どもも大人も一緒になってサッカーを楽しんでいる姿を見ると本当にスポーツの素晴らしさを感じる。
しかし、その一方でサッカーも陸上もできないで、朝から晩まで働いている子どもやストリートチルドレンもいる。サッカーをしている子の中にはサンダルや裸足でやっている子もいるが、その子たちはまだ裕福な方らしい。
ただ、エチオピアの大使館は、「エチオピアでスポーツをする人はみんな金のためにやっている。スポーツで一発成し遂げてやろうと必死なんだ」と言っていた。
だから、ここの広場にも朝の6時から1000人もの人がいるのだろうか?
みんなの笑顔を見ていると全くそうとは思わない。

日本で当たり前のことがここでは当たり前ではない。

街に出れば、子どもたちが「1ブル(約7円)1ブル」と物乞いをし、夜の10時を過ぎてもガムやタバコを段ボールに入れて、売ってくる。エチオピアの貧困レベルはかなり高い方らしく、ケニアやタンザニアでもこれ程ストリートチルドレンはいないらしい。
1週間前に衝撃を受けたが、何も今の自分はできないため素通りをしてきた。しかし、その素通りが当たり前になりつつある自分がもの凄い腹が立つ。この先「1ブル、1ブル」と言われても何も感じなくなるのだろうか?

今週、エチオピアの財務経済開発省に表敬訪問に行った時、一番偉いさんに下手な英語で質問した。

「物乞いをする子どもたちについて、あなたはどのように考えますか?」

「一人の子どもにお金をあげたところで、全員が幸せになることはできない。」
「魚をあげるより、釣り方を教えてあげてください」

今の自分は何ができるかわからないが、必ず「How to fish」を考え行動してやる!!


d0178633_2112280.jpg

[PR]

# by genta_ishibe87 | 2010-07-11 19:16  

International relations

サラムノ!!
エチオピアに来て、1週間が経ちました。早すぎる。2年もあっという間のような気がする。
そして、今週から現地語訓練が始まった。英語もまともにできない僕ですが、英語で現地語(アムハラ語)を毎日学んでいます。1か月の訓練の後、自分の任地に派遣されるので、それまでに最高の準備をして、最高のスタートが切れるようにアムハラも英語も完璧にしてみせます!!
ただ、ハレグ先生は弾丸のような授業をしてくれるため、既に1カ月分の教科書の3分の1を終了してしまった。この先生はゾーン状態に入ったら誰も止められません。

そして、今日は土曜ということもあって休み。しかし、バスケットボールの先輩隊員(エチオピアでプロで活躍してた)がKOICA(韓国のJICAみたいなもの)の人達とバスケの試合を組んでくれたため、朝からバスケをしにいきました。

そうです!!国際親善試合です。

国のプライドとプライドをぶつけ合ってきました。

日本の代表としてプレーするニューカマー達
(全員体育教師,しかしバスケは素人)
d0178633_18344675.jpg


d0178633_18403973.jpg


その前に先輩の率いているクラブチーム(18歳以下)と試合をしました。

バスケットボール国際Sマッチ(親善試合)
日本代表(JICA)vsエチオピア(クラブチーム)

指導する先輩隊員
d0178633_18481634.jpg


ファールぎりぎりの線引きをして石部
d0178633_18453371.jpg


スコア・・・・ボコ負け。
あいつら上手すぎな。

バスケットボール国際Sマッチ(日韓戦)
日本代表(JICA)vs韓国代表(KOICA)

スコア・・・・とにかく勝った。


その後は、KOICAのメンバーと一緒に飲みに行きました。言語は英語とアムハラ語と韓国語と日本語が入り混じっていた。
ただ、韓国の人は、本当に良い人が多く全員熱かった。彼は、日本のことをよく知り、日本人が本当に好きなようだった。
日本人はどうだろうか?
あきらかに、自分たちが知っている韓国語よりも、韓国の人が知っている日本語の数の方が多かったし、日本についてかなり詳しかった。そして、日本とJICAと友好な関係を築いていきたいと言っていた。
我々ももっと、他の国のことを知り、協力していかなければいけないと思った。

JICA×KOICA
d0178633_19101427.jpg


そんな週末だった。
[PR]

# by genta_ishibe87 | 2010-07-10 18:27  

African Children

土曜日、タイシとサトシと3人で、約40分かけて近くの広場に行った。
そこで、見た光景は日本では考えられないものだった。
むちゃめちゃ広いコンクリートの広場に朝の6時半から約1000人ぐらいの子どもから大人までの人々がサッカーと陸上と筋肉トレーニングをしているではないか!!

感動だった!!

昨日は、子どもたちが必死に働いている姿や物乞いをする姿を見ていただけに、子どもたちがいきいきした顔でボールを追いかけている姿は本当に輝いていた。

僕とタイシ(元福岡大学サッカー部)は、自分たちが勝てそうな年代を選んで、下手な英語で話しかけた。

「おい!いれてくれ!」

子どもたちのテンションが急上昇し、4対4のミニゲームに入れてもらった。
小学3年生ぐらいの年代を選んで、入っていったのだが、むちゃくちゃ上手かった。日本の子どもたち、テクニックでは負けとるかもしれんぞ!!

しかし、僕たちは日本の代表のため、ボコボコにしてやった!!!
(さすがに小学生には負けない)

すると、子どもたちは「明日も来てくれ」と無邪気な笑顔で言ってきた。

サッカーには国境はないとは、このことですな。
中田ヒデさんの言ってたこと実感しました。
ありがとうございます!!

そして、次の日はエチオピアメンバー5人で大人相手にボコボコにしてやった!!

d0178633_21142962.jpg


なぜ、朝のこんな早い時間から1000人もの人々がボールを追いかけてるのか?
なぜ、コーチもいない子どもたちがこんなにもサッカーが上手いのか?

これから、もっともっとエチオピアのことを知っていこうと思う。


来週もボコボコにしにいこう!!

d0178633_2058816.jpg


d0178633_213686.jpg


d0178633_2185814.jpg


d0178633_2119392.jpg

[PR]

# by genta_ishibe87 | 2010-07-04 20:43  

First impression

エチオピアに無事到着。
アフリカの首都はどの国もかなり発展していると聞いていたため、アディスアベバ(エチオピアの首都)も、発展しているのかなと想像していた。しかし、その想像のハードルがでかくなりすぎたのか、アディスはTHE アフリカって感じやった。
先輩隊員もアフリカの中でもエチオピアはぶっとんで貧しい方やから、ここで暮らせたらどこでも行けるよと熱い一言。

By the way
2日目、エチオピアの街を歩いていると、赤ちゃんを連れたお母さんや両足切断している人、そして5歳ぐらいの男の子が「金をくれ」と物乞いをしてきた。
かなりショックやった・・・。テレビや訓練でそういう経験をするとは聞いていたし、想像もしていたけど、実際にそのように言われた時のショックは半端ないもんがあった。
特に子どもに関しては、キラキラした大きい瞳で見つめながら、手を差しのべてくるねんけど、それをされたら心が痛すぎる。

ただ、この子一人にお金を挙げたところで、物乞いをする人全員にはお金をあげられないし、ちょっとのお金をもらった子の状況も何も変わらない。むしろ、日本人はお金をくれるものだというものだと思われてしまう。

What can I do ?

何もできず、首を横に振ることしかできなかった。
悔しすぎたし、心が痛すぎた。この人たちのために自分はいったい何ができるのか??
本当に物乞いをされるのは、かなりキツいし、無視するしかできない自分が情けなさすぎる。

いろいろな話を聞くところによると、物乞いを商売のようにして生きている人もいるらしい。しかし、一方では、かなり良い服を着てかなりおいしいご飯を食べている人もたくさんいる。住んでいる同じ場所に、これ程の格差があることを目の当たりにして、自分にできることを考えると同時に、アフリカの歴史、経済、政治などいろいろなものを学んでいかなければならないと思った。もっと勉強しなくては、2年間いる間、自分はエチオピアの人々にとって、ただの無力な人間になってしまう。

I am thinking this problem now.

絶対に自分の答えを導き出し、自分のできることを全力でしよう。

エチオピアの第一印象として、ここに書いておこう


それから、遅くなりましたが、僕がエチオピアに行くにあたって、餞別をくださいました方々、また、応援のメールを下さった方々、そして、関西空港まで来てくれた内藤、かつ、誠也、馬場ちゃん、ゆか、あっちゃん、ムー本当にありがとうございました。
無事エチオピアにつき、新たなスタートを切ります。みんなから、もらった手紙は僕の原動力の源になるでしょう!!
それから、内藤、あのキャプテンマークは本気で泣きかけてぞ!!

本当にありがとう。

d0178633_20284131.jpg


d0178633_20343365.jpg

[PR]

# by genta_ishibe87 | 2010-07-01 20:15  

Last Japan

本日、23時何分かの関空発の飛行機でエチオピアに行きます。

本当は、22日に出発するはずだったエチオピア隊員組ですが、大統領選挙があったため、「注意が必要な期間」っていう危険期間に入り、まさかの出発延期に・・・。

近所のおばちゃんに「いつまでおんの?」と何回も聞かれ、「あんた暇人やね」と言われすぎました。

しかし、そんな私もついに今日飛び立ちます!!
待ちに待ったはずの出発のはずでしたが、日本代表の躍進により、気持ちはエチオピアよりW杯に・・・。

正直、出発<パラグアイ戦。

出発前夜は全く寝ないで夜を過ごしました。

d0178633_13161277.jpg

左から、姉ちゃん(めぐみ)、オトン(一郎)、自分(世界のGENTA)、弟(竜太)、おかん(みゆき)

家族と過ごす最後の晩は、普通は寂しいものですが、石部家の夜は熱すぎた・・・。
全ては、サッカーという世界を動かす力を持つスポーツと岡田JAPANの躍進によるもの・・・。

d0178633_13464836.jpg


しかし、私は旅立ちます!!
W杯は気になりますが、エチオピアで見ます!!

そして、びわこサッカー部のみんな、4期生のみんな、びわこ大の友達、びわこ大の先生、ないとぅーとあきら、刀根山サッカー部の仲間、刀根山の友達、刀根山の先生、長洲SCのみんな、中学の友達、佃のみんな、元太ファンの女の子、浦風サッカーのみんな、ヤンマーサッカー部のみんな、お世話になったサッカーコーチ、隣のおばちゃん、友達のおばちゃん、向かいのおっちゃん、家の前で遊ぶ子どもたち、小松小学校の先生方、小松小学校の子どもたち、キッズサッカーでお世話になった保育園の先生、子どもたち、石部ファンの女の子、「元さん元さん」といつまでも言うてくれる教育実習で教えた高校生、隣のおばちゃん、青年海外協力隊の仲間、エチオピアの仲間、恋人、後恋人、さらに恋人、By the way 恋人、

そして、お母さん、お父さん、姉ちゃん、期待の弟、尼崎のおじいちゃん、おばあちゃん、佃のおばあちゃん、けいこおばちゃん、死んだおじいちゃん、


全ての人に感謝し、いってきます!!

みなさん、本当にありがとうございます。

「過去に負けない今をつくろう」 

See you two years Later.
[PR]

# by genta_ishibe87 | 2010-06-30 13:49