<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

Thank you for this year

「人生敢えて困難な道を選ぶべし」
2010年はこの言葉と共に始まった。
去年の今頃は、卒業論文という、大学生活最後の難問に苦しんでいた。
みなさんは卒業論文ごときで何を言うかと思っているかもしれませんが、卒業論文も上を目指せば目指すほど、とてつもない世界になるって知っていましたか?

わが弟よ、来年卒論に苦しむことがあれば、兄貴の押し入れに入っている少年ジャンプのような卒業論文に目を通したまえ!!
ふと年が明けようとしている最近、そんなことを思い出していた。

しかし、人生、何事も困難な道を選んで間違いはないと私は思っている。
苦しい時は苦しく、辛い時は辛いかもしれないが、その苦しさや辛さの本当の意味は全てをやりきった時に初めてわかるものである。

弾丸のように過ぎ去った2010年ですが、本当にたくさんのことを学ばせていただいたし、やりたいこと、やらなければならないこと、そして自分ができることにチャレンジできた一年だったような気がする。
2011年は、チャレンジ継続の上、結果を出せる一年にしていきます!!
2010年同様、2011年も困難な道に突っ走っていこうと思います!!

では、今年のハイライトを写真でどうぞ!!

1月
高校の時から6年間ぐらいずっと大みそかからカウントダウンは秦、デグ、村尾、井内、そしてたまにのタケシのメンバーで過ごしていたが、今年ついに記録ストップ・・・。
残念だが、仕方ない。2年後が楽しみです!!
d0178633_23215593.jpg



2月
スポーツを学ぶものとしてドイツに行って正解だった。
これ今年やってんなぁ~めっちゃ昔に感じる。
d0178633_2323368.jpg



3月
卒業!!このメンバーと戦えた4年間は最高やった!!
仲間がいるから強くなれる!!一生の仲間!!!
d0178633_2324284.jpg


4月
私のサッカーの原点であるキング・カズこと三浦知良選手に会いに一人横浜へ。
同時に青年海外協力隊NTC訓練所スタート
d0178633_23252192.jpg

d0178633_2326672.jpg


5月
とにかく熱くかつぶっとんだ奴が多すぎる、NTC!!
d0178633_2327392.jpg


6月
青年海外協力隊NTC訓練所修了。
同時にディズニーに直行!!
d0178633_23275117.jpg

d0178633_23284852.jpg


7月
エチオピア上陸
22年度1次隊の結束力は異常です!!!
d0178633_23295818.jpg


8月
THEブルーナイル!!
d0178633_23304917.jpg


9月
一人暮らしスタート。ドルベテはナメック星に似ている。
d0178633_2331469.jpg


10月
We are the World FCスタート!!
最近、成長が著しい!!
d0178633_2333276.jpg


11月
2011年、エチオピアの体育は変わります!!乞うご期待!!
d0178633_23335089.jpg


12月
なぜかわからないが、約6年に一度ぐらいで行われる田舎でのサッカーコーチ養成講習会が我がドルベテで行われた。
サッカーは間違いなく発展途上国!!
d0178633_23345256.jpg



いろいろあった2010年ですが、本当にたくさんの方々に応援や心配をしてもらい、エチオピアにやってきました。今では随分と生活にも慣れ、何の問題もなく暮らしています。
生活面に関しては楽勝ですが、やはり体育という教育面で私自身が体育教師としてもっと成長しなければいけないことと、エチオピア体育の質の向上、教師の技術・知識の向上、そして生徒のモチベーション向上と課題は山ほどあります!!2011年、エチオピア体育がアフリカを代表するものにしていきたいと思います。
また、サッカーの面では、やはりエチオピアに来た以上、エチオピアサッカー界の向上に全力をそそぎたいと思います!!この半年間でエチオピアサッカーの課題はある程度把握しました。後は行動に移すのみ!!私のわからないことは山ほどあるのですが、自分のできることを全力でやっていきます!!!

では、みなさんにとっても2011年が良い年でありますように!!

See you next year
[PR]

by genta_ishibe87 | 2010-12-31 23:35  

Merry Christmas

メリークリスマス!!

と言ってもエチオピアにはエチオピア歴というのがあり、エチオピアクリスマスはもうちょっと先なので、全くクリスマス雰囲気はないのですが・・・。
日本のみんなは楽しんでますか??


①HPEセミナー
先週、今シーズン2回目の北部・体育セミナーが行われた。
体育セミナーというのは、青年海外協力隊の体育隊員が中心となり、エチオピアの体育教員の技術・知識の向上を目的にしたセミナーである。

このセミナーの力はすさまじく、このセミナーで学んだ内容のゲームや授業の仕方をエチオピアの体育教員はふんだんに授業に取り入れる。
以前も述べたが、彼らは方法や知識を知らないだけで、それを知るきっかけを与えてあげるだけで、体育教師として最高の授業をすることができる。

そして今回のセミナーは私にとっても2回目と言うこともあって、鬼ごっこの神様と言われた私が同僚に鬼ごっこを教え、セミナーで講師役をやってもらった。
上手くいったかどうかは首を傾けるところもあるが、彼は多くの体育教師の前でノウハウを教えたことに対して「やったった!!」っていう満足顔をしていた。

そして、最後の話し合いの場で一人のベテラン体育教師が良いことを言っていた。

「私は50歳を過ぎて、ずっと体育教師をしてきたが、今日ほどいろいろなことを学べたことはないし、知らないことを本当にたくさん知れた。そして、我々にこのような機会を与えてくれたJICAのみなさんには本当に感謝するし、リスペクトする。」

いやぁ~ちょっと感動しましたね。そこまで言ってくれるかと!
50歳を過ぎても学ぶこの姿勢。
また、こういうコメントを聞くと少しはエチオピアの人のために何かできているのかなぁと思ったりもする。普段は全くボランティアらしいことしていないだけ・・・。

しかし、この50歳を過ぎても学ぶ姿勢を持ったベテラン体育教師より、その長々とアムハラ語で話した内容を完璧に日本語に翻訳したリョウタさんには、もっと感動した。

やはり間違いなく語学だ・・・。

HPEセミナーの様子
d0178633_291983.jpg


今回の熱きメンバー
d0178633_2103215.jpg


私のドルベテ高校の体育教師はまさかの全員参加!!熱い!!
d0178633_2114367.jpg



②コーチングセミナー
前回も記述したが、エチオピアのとある町ドルベテでは、現在サッカー・コーチライセンス講習会が行われている。22日間の長丁場だが、およそ25名のサッカー好きがドルベテに集結している。
いろいろ話を聞いて調査した結果、一日60ブル政府からもらえるらしい(教師の1か月の給料がおよそ1000ブル)。
ライセンスがもらえて、なおかつ金ももらえるというエチオピア人にとっては何ともおいしい話である。
エチオピアでは、セミナーやミーティング、講習会に参加するとお金がもらえる。
どんな世界や!!もっと他に金使うこと山ほどあるやろう!!

と言いたくなる。


私も参加者として朝6:30からの実技と昼休みの間のビデオプログラムだけには毎回かかさず出席している。昼からの理論に関しては、一度参加したが、アムハラ語が皆無だったため、また私にはやらなければいけない仕事があるため、そして、Mr.カバダが「ゲンタは実技とビデオだけ出ていればいい」と言ってくれたため、4時間の理論に関しては参加していない。

しかし、このコーチングセミナーで習うほとんどのことは、私は今までのサッカー経験から知っている内容だった。

そして、おそらくサッカーのことを結構勉強しているMr.カバダはたまに間違ったことを教える。

ある日、カバダのおっさんが、2対2のディフェンスの練習で、

オッサン「一人はアプローチに行って、もう一人はそいつのカバーに行くのが基本的な守り方だ!!」

ゲンタ「確かに・・・。」

オッサン「そのカバーリングのポジションはここだ!!」

と言ったオッサンのポジションはファーストディフェンダーの背中にほぼくっついたようなポジショニングだった・・・。

私もそれほどサッカーに詳しくはないため、偉そうなことは言えないが、エチオピア人のプライドを傷つけないようにオッサンに言ってやった。

「ここのポジションならカバーも次のアプローチもいけるから、ここの方がベターじゃないかな?」

何回か良い争いになったが、途中から頑固なゲンタくんはオッサンを絶対に論破してやろうと弾丸で説明した。すると・・・

「ゲンタ、エクセレントだ!!拍手!!」

完全にごまかされた・・・。


また、昨日に関しては、

オッサン「今日はキックの練習をする。サッカーにはたくさんの蹴り方がある。インサイドキック、アウトサイドキック、インステップキック・・・(中略)、そして、足の裏で蹴る蹴り方がある!!」

足の裏!?!?!?!?フットサルで使うかな?とかいろいろ考えていた。

その後の練習で、足の裏キックを30m離れた距離で練習させられた。
結構、長い間サッカーやってきたけど、足の裏キックの存在を知ったのは初めてだった。

ふと周りを見渡すと、必死でみんな足の裏キックを練習していた。
必死さで負けたくなかったので、私も必死に練習した。

「エチオピアサッカーの父GENTA」の名前もそう遠くはない。

世界は広い!!

☆最近のマイブームランキング☆

◎3位 ビスクート
ただのビスケットなのだが、旨すぎる。1ブル(5円)。味はビスコのクリームがない感じの味
d0178633_21616100.jpg


◎2位 アガダ(さとうきび)
エチオピアの子どもたちは土でドロドロの手で、このアガダを手をベトベトにさせながらかぶりついている。
d0178633_222672.jpg

そして、私も汚い手とか関係なしにかぶりついている。
d0178633_2225658.jpg


◎1位 アンバシャ
私は何を隠そう、日本にいるとき約2年間ぐらいパン屋で働いていた。
自慢ではないがパンに関しては口うるさい。
エチオピアに来た時、「パンまずっ!!」と思っていた。
しかし!!
およそ6カ月たった今、エチオピアのパンが旨くて仕方がない。甘くもない、味もない。
しかし、このパンをむしゃむしゃさせながら食べるのが旨すぎる。
中でもこのアンバシャは格別!!!
この前一日4個食べてやった!!
日本に帰ったら激太りすること間違いなし!!
d0178633_2304142.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2010-12-25 02:31  

Warm-up

スポーツにはウォーミングアップというものが必要である。
ウォーミングアップは本格的な運動競技の前の準備運動のことである。

人生においてもウォーミングアップは必要だ。
かの有名な先生は、
「小学校や中学校で習う勉強は将来使わないことが多いかもしれない。しかし、なぜ勉強しなければいけないのかと言うと、将来、自分のやりたいことが見つかった時に、基礎となる勉強、つまり小学校や中学校で習う内容の勉強ができていなければ、すぐに行動に移せない。スポーツで言うとウォーミングアップができていないのに試合に挑めないのと一緒だ。だから、人生においてのウォーミングアップ、勉強はしといて損はないのだ」


さて、話は変わりますが、私の派遣先であるドルベテという町は、隊員の中でも最も小さい町で、ネットが唯一使えないことでも有名である。町は30分もあるけば、全て歩けるぐらいの大きさで、今では「GENTA」の名前を知らない人はほとんどいなくなったほどだ。


そんなドルベテに、なぜかアムハラ州で2人しかいないサッカー指導者ライセンスを持つコーチが来て、女子サッカー指導者養成講習会が今週から始まった。
講習会は全日程で22日間。参加者はアムハラ州の様々な地方からわざわざやってきたおよそ20名。そのうち女子の参加者は10名。

びわこ大でもちょうど、C級ライセンス所得時期ではないでしょうか?

そして、もちろん私も参加者の一人だ。
アムハラ州では有名なサッカーコーチである、Mr.カバダはマラドーナが好きなのかどうかは知らないがかなり太っていて、サッカーができそうには見えなかった。
講習会はもちろん、アムハラ語で、筆記テストもアムハラ語であるらしい。
もちろんわかるはずもない。

しかし、私は資格などに興味はない。ただ、エチオピアサッカーの現状を知るために、これはかなりおいしい講習会だと思った。

一応、スポーツオフィスの知り合いデッシーに聞いた。

ゲンタ「なぜ、ドルベテで敢えて、ドルベテなんだ?」

デッシー「一つはきれいなグラウンドがあるから」
(草ぼうぼうの、石ころだらけの、パスしたら98%イレギュラーするボコボコさですけど・・・)

デッシー「二つ目は、ドルベテにはサッカーを教えられる指導者がいないから。」
(ドルベテだけでなく、ほとんどの地方がそうだと思いますけど。また、教えられる指導者がいないのではなく、教えようとする人がいないのですよ)

デッシー「三つ目は、ドルベテには俺がいるからだー!!!ダハハハハハハハハハハハハ!!!」
(幸せなおっさんだ)

なぜ、ドルベテになったかは今でもわからんが、私がエチオピアサッカーの神を引き寄せたとでも思っておこう。
しかし、参加者に対しての参加料や講習会にかかる資金、全ての金が政府から出ているというのも、どういう考えか調べる必要がある。

そして、今週指導者講習会受けてきました。

びっくりですね!!!

引くぐらいびっくりですね!!!

良いとか悪いとか私が偉そうなことを言える立場ではないので言いませんが、モチさんを知っているだけにね・・・。何とも言えないですよね・・・。しかも女子サッカーやし・・・。


1日目
6:30am~7:30am(実技)
ミニゲームだけして終了
※時間通りに来ていたのは、私とハゲのおっさんだけ。

11:00am~12:00(ビデオプログラム)
1本目:「このビデオはとてもおもしろいから、しっかり見るように!!」
※その言葉の後に流れた映像は、プロ野球好プレー珍プレーのようなサッカー版のビデオ。簡単に言えば、ミスシーンの特集。みんな爆笑!!私は全くおもしろくなかった。コーチは漫才で言う「つかみ」が欲しかったのだろう。

2本目:女子サッカーのハイライトたったの5分

3本目:キーパートレーニングのビデオ15分

14:00pm~(理論)
学校(今週午後勤務)、クラブがあるため不参加。


2日目
6:30am~8:30am(実技)
「今日は、ウォーミングアップを教える。いつも同じウォーミングアップをしていては、子どもたちが飽きるから、いろいろなバリエーションを持っておく必要がある」
※なかなかまともなことを言っていたため、どんなウォーミングアップをするのか少し期待した。100通りの鬼ごっこを持つと知られる私に新たな知識を教えてくれるのか!!

1時間半、ブラジル体操のエチオピア版をひたすらやらされた。
アップでくたばっている人を初めて見た。

3日目
6:30am~9:00am(実技)
コーチ「今日は、忍耐力をつけるトレーニングを教える。」
という一言で始まった、実技は開始30分は昨日どうようエチオピア式ブラジル体操。
その後の1時間はひたすらジョギング。
その後、軽いフィジカルトレーニング。

11:30am~12:30pm(ビデオプログラム)
開始30分間、「ビリーズブートキャンプ」のビデオを見た。
※やるのならまだしも、見るだけはなかなかハードだった・・・。

その後の30分間、「ラダートレーニング」のやり方を見て終了。


サッカー指導者をしている方々どうですか?
これがエチオピアですよ!!
かなりおもしろい国でしょう?
いやぁ~これからの僕の行動に注目していてください!!

しかし、ラスト18日間、Mr.カバダはどのようなことを教えてくれるのか楽しみだ!!

女子サッカー指導者養成講習会(プラクティカル)
d0178633_327497.jpg


ビデオプログラム
なかなかの質の高さ・・・。
d0178633_3321252.jpg


コーチ・カバダ
指導資格を持っているのはアムハラ州で二人しかいないらしい・・・。
d0178633_3364916.jpg


将来有望
d0178633_3403432.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2010-12-18 03:45  

Improving

「ゲンタ、イングリッシュプレミアリーグ(エチオピア人はこう呼ぶ)は、どこのサポーターだ?」

「俺はリヴァプールだ」

私は、エチオピアに来てからずっとこう言い続けてきた。
特にエチオピアに来る前は、プレミアリーグで好きなチームは無かったが、理由としては、まず、数年前のミランvsリヴァプールのチャンピオンズリーグ決勝が忘れられないのと、マンU(35%)、アーセナル(35%)、チェルシー(25%)、リヴァプール(5%)の割合でエチオピア人が好きであるという点、そして今シーズンかなり苦しんでいるからということが挙げられる。

私は毎週、いかにしてマンU、アーセナル、チェルシーが負けるかを楽しみにしながら見ている。弱いチームで育ったからか、格下と言われるチームがこの3チームを苦しめるのはサッカーの一つのおもしろい点だろう。

そんな、リヴァプールに本田が来るかもしれないという遅いニュースだが、私の耳にも入った。ぜひ、本田には来てほしいものだ。


そんな今週、いつもの通り、私は「We are the World FC」の指導に励んでいた。
今週はG9・12が朝の6時から練習という週だった。

いつも通り、偉そうなことばかり言っていた私だが、急に腹に激痛が走った。

間違いなくトイレだった・・・。

エチオピアの腹痛は0か100だ!!その100がまさかの練習中にやってきた!!

練習時間は残り40分。躊躇したら負けると思った私は、即座に一人の選手に、

「これとこのメニューをやっておいてくれ。もし、それが終わっても帰ってこなかったらゲームをしておいてくれ!!俺はトイレに行ってくる!!すまん・・・。」

そして、私は走った。トイレなんてそこらへんにあるものでもないので、学校まで走った。

一人の選手が私に「そこの森ですれば?」と言っていたが、子どもたちのため、将来のエチオピアのため、そして自分のためにも、「それはできん!!」と言った。

激痛に耐えながら、選手たちは、私の姿が見えなくなったらすぐにゲームをするのだろうな(以前そういうことがあった)と考えていた。

しかし、全てをやりきった私が帰ってくると彼らはまだゲームをしていなかった!!

しかも、むしろ私が言い渡したメニューを既に終えており、その発展形のトレーニングをしていた!!以前、教えたメニューだったのだが、自分たちで何をしなければいけないのか、何ができるのか、どうすれば上手くなれるのかを考えた結果だった!!

すごく嬉しかった。

2カ月前の彼らなら、間違いなく自分たちで練習なんていていなかった。
ゲームしか頭になかった彼らが、協調性に欠ける彼らが、すぐ嘘ばかりつく彼らが、自分たちで協力して練習をしているなんて・・・。

まさに選手の成長が見れた瞬間だった。

これが指導者の喜びの瞬間なのか!!

彼らはまだまだでかくなる!!無限の可能性がある!!技術レベルは日本の中学2年生ぐらいかもしれないが、そんなの関係ねぇ!!
まだまだ見さしてもらおう、彼らのImprovingを!!

しかし、久しぶりに「もうアカン」と思える腹痛だった。
エチオピアに来る際にはぜひ、ご注意を。

成長している、間違いなく!!
d0178633_3382144.jpg


実技の授業もスタート!!
d0178633_3401255.jpg


先週、友達からもらった、大学サッカーの試合球であるボラ-レがクラブ発足約2カ月にしてパンクしました。
日本のボールがですよ!!
エチオピアのグラウンドを完全になめていました。
よって、選手よ!!ボールは作れ!!
勝田、マジですまん・・・。
d0178633_337668.jpg



先週、私のチャームポイントとでも言うべきお気に入りのこのFIFAの帽子が先週、何者かによって盗まれました。
田舎の安全さに完全に油断していました。
日本を去る前に、先輩からもらったこの大事な帽子・・・。
もし見かけたら即連絡ください!!!
お願いします!!
谷崎君、本当にごめんなさい!!!
d0178633_3342899.jpg


かわいい弟妹たち!!
d0178633_3431356.jpg


なんじゃ!!
d0178633_3452642.jpg


旨そうでしょう?
めっちゃ旨くないですから!!
d0178633_347282.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2010-12-11 03:48  

Education for All

2018年ロシア、2022年カタールには、エチオピアはどのような国になっているのだろう?

「10年後には、中堅国の仲間入り、20年後には先進国にしてみせる!!」

私の大家、アタレがこんなことを言っていた。
先日、アタレと教育について熱く2時間ぐらい二人で語り合った。
アタレはバハルダールという大きい都市の10個の小学校のスーパーバイザーをしている。そして、金持ちだが金に全くがめつくなく、真剣に教育界をよくしようとしている。

エチオピアには、まだまだ多くの問題がある。

貧困、貧富の差、食糧、医療機関、病気、障害、水、電気、ゴミの問題などなど・・・。
そして、最も大きな問題の一つとして教育面があげられる。

エチオピア政府は今年から中学・高校の体育の授業数を週2コマから1コマにした。
その理由はパソコンの授業を取り入れるため。

しかし!!

私の配属しているドルベテ中・高校には生徒用のパソコンがない!!!
おそらく、こういう学校は山ほどあるだろう。

私はスポーツの重要性をアタレに長々と語り、
「なぜ、パソコンがないのにパソコンの授業をするのだ?なぜ、体育が減らされる?なぜ、違う方法はなかったのか?」
と質問攻めした。

彼は最後まで私の下手な英語での話をちゃんと聞いてくれ、一つ一つ丁寧に説明してくれた。

エチオピアの教育の問題として学校がない、先生がいないということが挙げられる。
よって、私の学校でも2時間かけて歩いてくる生徒がたくさんいて、そして一つの学校に5000人以上の生徒がいる。
5000人が一度に授業を受ける教室はない。よって、午前シフトと午後シフトに学年で分けられ、午前と午後とで入れ替わりで生徒は授業を受けている。

これが現在のエチオピアの現状であり、少し真面目な話になるが、エチオピアの政府の掲げた目標として「Education for All(全ての人に教育を)」というのがある。
1996年には小学校の就学率が約25%だったのに対し、政府の改革により2008年には83%までになっている。
しかし、就学したのは良いが、小学1年生の5分の1が中途退学しているという現実もある。
理由は、子どもが労働源であったり、やはり経済面であったりする。

エチオピアには学校、教師が必要である。そして、政府の改革に関してももっと改善していかなければいけない点が多くある。


アタレが言うには、午前中に6時限、午後に6時限をするため、もし新しいカリキュラムを取り入れるならば、何かを削らなくてはいけないらしい。
よって、5年前までは高校にも、音楽や芸術の授業があったらしいが今はなくなっている。

体育がエチオピアから消滅する恐れを感じた私はアタレに体育の重要性をまた長々と語った。

そしてアタレは言った。
「それじゃ、ゲンタどうすれば良くなる?」

難しい質問だったが、私の思っていることを伝えた。
「まず、全てをあれもこれもやるのではなく、一つずつしていくべきだと思う。体育に関しても私が政府の人間なら、まず学校にパソコンがあるかないかをしっかり調査した上でのカリキュラムを導入する」

全く大した意見ではなかったが、アタレは一言、

「わかった。俺の考えも含めて教育省で議論してみる」

か、か、か、かっこよすぎるやろ、おっさん!!!

そのおっさん
d0178633_1256186.jpg


昨日、命懸けで仕事をしている神友の日記を読んだ。
彼はリスクを冒して人のために闘っている。

アタレもリスクを冒して国をよくしようとしている。

以前も書いたが協力隊はリスクがない上に全ての面で守られている。
しかし、全ては自分次第だ。
ぬるま湯につかる気はない。
守られている立場ではあるが、私はリスクを冒して仕事をしていこうと思う。

「なぜ、日本人はリスクを冒さないのか」

オシムさん、これからの僕に注目ですよ!!

とアタレの一言と神友の日記により感じた今日この頃。

アタレとタナ湖(びわこの3倍)
d0178633_134418.jpg


評判の良い弟たち
d0178633_1361839.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2010-12-04 13:07  

Colleague

早いもので、大学サッカーを引退してから1年が経ちました。ふと、みんなどうしているか気になる今日この頃ですが、エチオピアサッカー代表が最近、ウガンダ代表に1-2で負けていました。


エチオピアサッカーの弱さの大きな原因の一つは育成面であると思う。育成年代でちゃんとサッカーをしているのを見たことがない。

育成年代に関わる身として、エチオピアサッカー界を真剣に変えてやろうと最近たくらんでいます。


そんな最近ですが、12月1日は世界エイズデーって知っていましたか?

私の住むドルベテという小さい町では、HIV/AIDS撲滅のためセレモニーが行われました。
ドルベテのスポーツオフィスもサッカー、バレーボール、ランニングの3種目のスポーツ大会を企画。

前日に同僚のエリアスに
「ゲンタ、明日は世界エイズデーだから、ドルベテ高校の生徒とテクニカルスクールの生徒でサッカーの試合がある。だから、お前は監督をしてくれ!!じゃ!!」

適当すぎるやろ!!

しかし、急に聞いた試合だが、生徒たちのモチベーションはかなりあがっているため、スポーツオフィスの運営に協力しようと朝早くからスタジアムに行った。

集合時間になってもテクニカルスクールの生徒は一向に現れない。スポーツオフィスのスタッフも現れない。

電話してみた。

ゲンタ「選手が来ないがどうしたんだ?」

スポーツオフィス「そうか!!今日は中止だ」

適当すぎるやろ!!

後から聞いた話だが、バレーボールもやはりなかった。

試合が急きょなくなった私はアメリカンピースコ―のケイトに誘われ、ランニング大会に参加することに。その時にケイトにサッカーとバレーボールの大会はなくなったことを伝えると、

「This is Ethiopia」

と言っていた。さすが、先輩!!エチオピアを理解している!!と感心していた1時間後、ランニング大会が通常のスタート時間から1時間遅れていることに対して、ケイトはかなりイライラしていた・・・。

ちなみにランニング大会は余裕のべったでした・・・。

ランニングコンピティションの様子
こいつらの体力には脱帽です・・・
d0178633_3282743.jpg


世界エイズデーで歌うドルベテの有名な歌手
音響設備が悪過ぎて全く何の歌なのか、歌が上手いのか何もわからなかった・・・。
しかし、町の人が言うには将来的にはエチオピアで大ブレークするらしい・・・。
d0178633_3355391.jpg


しかし、結局はこうなる・・・。
d0178633_348117.jpg


ドルベテ高校の体育教師の間でミニセミナーを実施
少なくとも私の同僚は、体育の授業には何が重要で、生徒が何を求めているかを知らないだけであって、それを知る「きっかけ」を与えてあげることによって、彼らは十分に最高の授業をしていけると私は思う!!
と偉そうなことを言う新卒の新米体育教師・・・。何様じゃ!!
d0178633_3404984.jpg


ドッジボールは最高にウケがいい!!
d0178633_3453852.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2010-12-04 03:49