カテゴリ:未分類( 91 )

 

Midnight Express③

「第3話 ナイロビ→モンバサへ ~乗り物の旅~」
ケニアの目的の一つとして、ある乗り物に乗ることがあった(訳あって、何の乗り物かは言えないので、各自想像してください)。

ケニア3日目、朝からそれ程好きでもないのだが、ゾウの孤児院に行き、ケニアの動物保護の現状を学んだ後、エチオピアで知り合ったある日本人の方がケニアに忘れたというフィルムを取りに行くことになっていた。

なぜ、このような頼まれごとを引き受けたかというと、これも「深夜特急」の影響で、当時の沢木耕太郎は友人に海外の知り合いに会ってきてほしいと言われ、それをミッションとし、苦労しながら人探しをするというのが小説の中にあった。

何事にも影響される私のため、エチオピアでこの頼まれごとを聞いた時、「これは一人旅のミッションだ」と思い、喜んで引き受けることに。
おそらくケニアで、その人が忘れたと言われるフィルムを取りに行くのは、右も左もわからない私にとって、かなり苦労するだろうと思っていた。

が、しかし右も左も知り尽くしたタクシーの運転手が簡単に連れていってくれたため、何も苦労しないで任務を達成してしまった。一瞬だった。


そして、ついに目的の一つの乗り物に乗ることに・・・。
が、しかし予定時刻の午後××時になっても、その乗り物はやってこない。

「まぁ、ケニアタイムだろう」
とホームで待つこと、4時間半、その乗り物はやってきた。

「ようやく出発だ」
とテンションがあがって待つこと、2時間、予定時刻から5時間半遅れでその乗り物は出発した。

同じ寝どころになったポーランド人のポールに話しかけた。

ゲンタ「ベッド上か下かどっちが良い?」

ポール「下に決まってるだろ!!」

(このデブ!どついたろか)と思ったが、これが欧米人の自己主張なのだと思い、見習おうと思い、どつきはしなかった。

そして、この乗り物は度肝を抜くぐらい遅かった。
窓から景色を見ていた私だが、途中走って追いかけてくる子どもと同じスピードだったことを知っているのはおそらく私だけではないだろう・・・。

そして、乗り物に乗ること16時間半(この時点で完全予定が狂っていた)、目的地のモンバサに着いたと思ったら、そこはモンバサから20kmほど離れた田舎町だった。

マネージャー「お客様、大変申し訳ございません。この乗り物は、本日はここまでです。理由は整備不良です。そのため、この乗り物は今からナイロビに折り返します。モンバサまではバスを手配しますので、外に出てお待ちください」

「後20kmぐらい絶対何とかなるだろう!!」と思ったのは、おそらくそこにいた全員だろう。

そしてマネージャーはバスを手配すると言ったが、何もない田舎町で降ろされた欧米人300人余りのバスを手配することは不可能であり、タチの悪い欧米人に文句を言われているマネージャーは少し可哀そうだった。

私も車体から降り、欧米人がマネージャーにどのような文句を言っているのをリスニングしようと近づいていった時(常に学ぶ意識を忘れない石部隊員)、あるケニア隊員に会った。

彼の名前はモリゾー。私の隊次の一つ遅れの環境教育隊員だった。
彼も一人旅をしているらしく、今からモンバサに行くことになっていた。
(後に彼は私の一人旅のキーマンとなる)

ケニアの現状を知っている彼と協力し、ピキピキと呼ばれる乗り物に乗ってミニバスが拾える場所まで行った。
そして、彼はそのままモンバサに行き、私は少しナイロビ方面に折り返したところにあるボイとういう町に向かった。

そう、ケニア一人旅、最初のハプニングにより、丸一日つぶれてしまった私は急遽予定を変更しボイに向かうことになったのだ。

このハプニングに助けの手を差しのばしてくれたのがケニア隊員の○山隊員だった。

次回「初サファリfeat...○山隊員」

ミッション達成
d0178633_5153527.jpg


乗り物のベッドにて・・・。
d0178633_5174438.jpg


これぞ、バオバブの木
d0178633_5195290.jpg


子どもの遊びはケニアでも同じ。ただ、少しクオリティーが上!!
d0178633_523370.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-09-03 05:25  

Midnight Express②

ケニア2日目、朝から前日に出会った、研究者のミツルさんと妹のアキコさんに、スラム街に連れて行ってもらうことになり行ってきた。

感想から言うと、衝撃だった・・・。

スラム街の町並みや家などは、エチオピアにも見られる傾向の雰囲気だったが、違って点として、ゴミ山があった。フィリピンのゴミ山などは映像で見たことがあるが、ここスラム街にもゴミが山になるぐらい落ちていた。
アキコさんが言うには、ここに落ちているゴミは、人々が使えるものをもっていって、さらに残った本当に使えないゴミらしい。

そして、このゴミ山の周辺はすごい臭いだった。

ここで人が生活ができるのかと思うくらいの臭いだったが、実際にここで人は生活しているのだ。これが、ケニアの現実だった。

しかし、街を歩いていて、正直危ないという印象は全くなかった。

スラム街=危険というイメージがあったが、そのイメージは間違いだったのかなと思い始めていたが、いろいろな話を聞いていれば、やはりこういう地域では金がらみの殺人がたびたびおこるらしい・・・。

だが、ここの人たちは本当に一生懸命働いていた。たった一日しか見ていないから、あまり確かな情報ではないが、日曜日というのに、みんな一生懸命働いている印象を持った。

ここがスラム街なのかと思ってスラム街を出た。

しかし、本当の衝撃はこの後だった。

スラム街から出て5分歩いたところにショッピングモールがあった。
入ってみた。日本並みだった。おそらくアフリカでトップクラスだろう。そして考えた。

一方はゴミ山の側で必死に生活をし、一方はおしゃれな格好をし、高い買い物をし、車に乗って移動するという生活をしている。

同じケニア人なのにこの差は一体なんなんだ・・・。

スラム街を見た後にこのショッピングモールを見て、全てのことに対してよくわからなくなった。

ここナイロビでも外国の団体がスラム街の人たちを住ませるためのマンションを作ったりして、少しでもスラム街の人を救おうと行動している。

しかし、このマンションが原因でさらなる揉め事が起こっているのも事実である。
いかに、「国際協力」が難しいものかを物語っている。

先進国の人が「かわいそう」と思っていても、途上国の人は全くもって「辛い」と思っていないのかもしれない。それ以上に何の不安もないのかもしれない。
彼らの気持ちは彼らにしかわからない。
外見だけを見て全てを判断するのは、かなり難しいにもかかわらず、外国のボランティア団体にいったい何がわからというのだろうか?
「彼らのために」を思って行動しているのだが、本当の「彼らのため」とはいったい何なんだろうか?

要するに、「自分の目を持つ」ことが最も大切な要素の一つで、「国際協力」については学び続けなければいけない

最後に、ケニアのスラム街を歩いたが「お金をくれ」と言われた回数・・・0回


ゴミのが大量に残ったメニュー
d0178633_5464245.jpg


スラム街から出て5分後にはこの光景。ますますわからない・・・。
d0178633_5482424.jpg


このパン屋のクオリティーの高さ!!感動です!!
d0178633_550088.jpg


このケーキ屋のクオリティーの高さ!!感動です!!
d0178633_551150.jpg


子どもはどこに行ってもかわいい!!これは間違いない!!
d0178633_5522016.jpg


ケニアプレミアリーグを観戦。
まさかの人工芝。そして、アフリカンパワーを思い起こさせるプレー。
なぜか、コーチと硬い握手をし、写真撮影。
d0178633_5533631.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-09-01 05:55  

Midnight Express①

大学4年の時、ある本を薦められた。

「深夜特急」沢木耕太郎 著 単行本全6巻

大学時代、本がまぁまぁ好きだった私は読もうと思いながらその当時は読まなかった。
おそらく、この世にそのような本はたくさんあるだろう。

しかし、最近その本を読み、一つの決意をした。

「私も沢木耕太郎のようにノンフィクション小説のようにおもしろおかしく、そしてリアルにブログを書いていこう」

よって、ケータイ小説ならぬブログ小説風に今回の「ケニア旅行」の様子を書いていこうと思う。小説風なので長くなるかもしれないので、ゆっくり時間がある時に読むか、電車の中で読むか、寝る前にベッドで読むか、もしくは読まないでアクセスするかだけしてください。

ではどうぞ!遅くなりましたがケニアに行ってきました。


第一話「一人で行かなきゃ意味ないじゃん」
私の同期隊員で「リーダー」と呼ばれる、理数科教師の先生がいる。
このリーダーは現在40歳なのだが、絶対に24歳と言い張る訳の分からないポリシーを持っている。しかし、JICAの職員に「世界で一番活動の上手くいっている協力隊員」という太鼓判を押されるくらい、すさまじい活動を展開しているのも事実。
私の任地の隣に住んでいるため、よくご飯を食べたり家にお邪魔にさしてもらったりしている。

そんなリーダーと2人で飯を食っているある日、リーダーが私に言った。

「いやぁ~協力隊って全部JICAに守られているじゃないっすか~保険やら何やらで僕らは何も心配することないじゃないっすかぁ~だから任国外旅行だけは、全部自分の力だけでやってみようと思いまして、手続きやら何まで自分でして一人旅にチャレンジしようと思います。」

この言葉は衝撃だった。

「自分のことを24歳といい続ける40歳のおっさんが、自分の成長のためチャレンジしようとしているのに、本当の24歳の私がチャレンジしなくてどうする!!」

という思いになり決意しました。

「ケニア旅行~一人で行かなきゃ意味ないじゃん~2011」

とは言ったものの、何が一人旅なのか全く知らなかった私は、準備段階からかなりあたふたしていた。あたふたしていたというよりも、特に何も準備しなかった。

そこで一人旅といって何をしていいかわからない私を助けてくれたのが、ケニアの同期隊員の皆様。私がチンタラと計画を決めないため、プランニングやアドバイスを細かくメールで送ってくれ、みんなに迷惑をかけながらも私の一人旅プランは完成した。
(この時点で一人旅ではないという方もいるかもしれないが、そこは目をつぶろう)

目的と計画は以下の通り
○目的
1.サファリに行ってケニアを感じる
2.海に行ってケニアを感じる
3.乗り物に乗ってケニアを感じる
4.ケニアサッカーを観て、プレーする
5.ケニア人と友達になる
6.死なない、絶対に

○計画表
・13日(土):12:10ナイロビ空港着、その後JACIIに移動(タクシー1300シリ)、夕食は日本人クラブでトンカツ定職を食う。
・14日(日):ケニアプレミアリーグを見に行く。
・15日(月):ゾウ孤児院、乗り物チケット購入、19:00発
・16日(火):10:00モンバサ着、海水浴、ビーチサッカー、夕日を撮影
・17日(水):ワタムに移動、海水浴、スノーケリング、海鮮丼
・18日(木):ツァボサファリに移動、ゲームドライブ
・19日(金):ゲームドライブ②、夜バス移動(ナイロビへ)
・20日(土):自主練習
・21日(日):サッカー試合、その後ケニア隊員と飯(日本人と会うことが唯一許された日)
・22日(月):ショッピング、空港へ、アジスアベバ20:00着

個人的に一人旅のイメージとして、日本人とは会わないというのが私の中にはあったため、できる限り日本人とは会わないプランニングが完成された。
そして、同期隊員のDIEGOとリーダーも同じ時期にケニアに行くということなのだが、奇跡的に出会ってもお互いに無視をしようということを約束し、私の旅はスタートした。


13日(土)アジスアベバ→ナイロビ
結果から言うと、ナイロビのこの日泊まる宿付近まで同期隊員のDIEGOと行った。
(この時点で一人旅ではないような気がするが、そこは多めにみよう)

DIEGOと別れた私は、まず今夜泊まる宿舎であるJACIIを探した。
JACIIの場所がわからず、2時間近く探した末、見つかったこの日の宿舎のオーナーはがっつり日本人だった。
そう、ここはケニア隊員が語学訓練の際に使用するスワヒリ語の学校だったのだ。
しかし、オーナーが日本人ということは多めに見るとして、その後、本日の夕食の場である「日本人クラブ」という日本食屋に行った。

そこには、日本人のグループが2つあった。

ここで絡んでは一人旅にはならないと思い、一人で飯を食べることに・・・。
日本食に飢えに飢えている私は久しぶりの本格的日本食に多少興奮気味だった。
しかし、一人旅のデメリットとして、いろいろな種類の料理が食べれないということ。
しかし!!そんなこと関係あるかといわんばかりに、トンカツ定職と寿司の盛り合わせを頼んでしまった。初日から贅沢してしまった。

この2品を食べた瞬間、旨すぎて旨すぎて旨すぎたため、一緒にケニアまで来ていたDIEGOについ電話してしまった。
(電話で日本人に絡むのは一人旅の中ではOKとする)

どうしてもこの感動を誰かに言いたかったのだ・・・。

そして私の脳裏に浮かんだのは、

「ラーメンが食べたい・・・。」

メニューを見ていてラーメンがあるこに気づき、さらにラーメンを頼みたくなったのだ。
頼むか頼まないか悩んでいたとき、二人の女性が入ってきた。

もちろん、日本人だった。

私の横のテーブルに座ったため、明日からのナイロビの旅を充実させるため、

「おすすめスポットはどこですか?」

とつい聞いてしまった。

「スラム街」という言葉、会話の中で出てきた。

ケニアはとにかく危険な国ということを聞いていたため、スラム街など一人で行くつもりはさらさらなかったが、「連れて行ってあげるよ」という言葉に心ひかれ次の日の朝からスラム街に行くことになった・・・。

(日本人と全く絡まないつもりが初日からがっつり絡みまくっている私の一人旅はスタートした・・・)

次回、「石部隊員スラム街とナイロビの街に度肝を抜く」の巻

つづく

トンカツ定食&寿司
この日、ラーメンは先のことを考え断念。しかしこの決断が間違いでなかったことは、数日後明らかになる・・・。
d0178633_2131475.jpg


初日深夜0時、JACIIで寝ていた私を起こしに来たケニア隊員のお二人。
初日だけにして、10人以上の日本人と会ってしまったが大目にみようと思う。
d0178633_2172648.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-08-24 21:10  

Radio

前回、前々回のブログに引き続き、雙田隊員の活動について書きたいと思う。

前回のレイプされた女性とその子どもたちのための施設を見学した後、エチオピアのマザーテレサの施設に行ってきた。
この施設は、子どもから大人まで障害を持っている人が政府のサポートを得ながら生活している施設である。

雙田隊員はこの施設にて、肢体不自由の子どもたちに勉強(アムハラ語)とリハビリのトレーニングを行っている。
雙田隊員の活動を見ていて、「ボランティア」の心髄を見たような気がした。

その施設でコミュニケーションをとっていた私にある男の子が声をかけてきた。

男の子「ゲンタ、イングリッシュプレミアリーグで好きなチームはどこだ?」

イングランド・プレミアリーグが大好きなエチオピア人の質問。

ゲンタ「リヴァプールだよ」

男の子「俺はマンチェスターだ」

ゲンタ「そうか、サッカーはテレビで観てるの?」

男の子「いや、テレビは僕たちは観れないんだ(マザーテレサの施設にはテレビがないと思われる)」

ゲンタ「それじゃ、どうしてそんなに詳しいの?」

男の子「ラジオで聞いてる。」

なるほどと思ったと同時にいろいろな感情が頭をめぐった。

産まれてすぐにこの施設に入ったと思われる彼らは、テレビでサッカーを観たことがあるのだろうか?
音声だけで彼らの頭の中にはどのようなサッカーがイメージされているのだろうか?
そして、ボールを脚で蹴ることができない彼らの一番好きなスポーツがサッカーということも、サッカーの偉大さを改めて感じるし、彼らのサッカーを愛し、楽しむまっすぐな心も私を深く感動させた。

そして、彼らは私に言った。

男の子「ゲンタ、ラジオをみんなに買ってくれ。ここにいるみんなにサッカーを聞かしてあげたい。」

彼らにとってのサッカーは「する」ものでもなく、「観る」ものでもなく、「聞く」ものだった。

自然と涙が出そうになった。

こうして「刺激」を受けすぎて、考えすぎて、頭がごちゃごちゃになった私の一日は終わった。


この経験を常にしている雙田隊員の今後に注目です。

エチオピア北京パラリンピック代表選手またロンドンパラリンピック代表候補者のみなさん
d0178633_392615.jpg



青年海外協力隊エチオピア代表として、JICAの共同HPで違うブログをアップしているので、暇な人は見てくださいね。
以前、流行った携帯小説にになってブログ小説風になってます。
ぜひ、JICA WORLD REPORTって検索してみてください。
[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-08-12 03:23  

Ambition

今回は前回に引き続き、雙田隊員の行っている施設について書きたいと思う。

前回書いたストリートチルドレンを助けようとしている牧師さんの話を聞いた後、ある施設に行ってきた。

その施設は「レイプされた女性とその子どもたちのための施設」である。

言葉だけを聞いてもあまりピンっとこないかもしれないが、その施設は①エチオピアでレイプされた女性が産んだ子どもの面倒を見る、②若くしてレイプされた女性が手に職をつけるための職業訓練、③レイプによって傷ついた心をケアするための場所、といった目的がある。

施設に入った瞬間、驚いた。
20人ぐらいの子どもたちが遊んでいて、何人かの子どもたちがしーちゃんに抱きつきに行った。そして、その後すぐに私の方にも抱きつきに来た。

かわいく、そして元気な子どもたちだった。

子どもは間違いなくかわいく希望に満ち溢れている。

レイプされた女性の子どもたちの施設と聞いていたので、どんな雰囲気かと想像がつかなかったが、雰囲気として幼稚園と一緒だった。子どもたちは元気よく遊び、元気よく勉強し、元気よくご飯を食べていた。

子どもたちと一緒に遊んでいてキッズサッカーを思い出した。
たんこぶコーチが関わった子どもたちはどうしているだろう~

そして、お母さんたちはその施設で子どもたちの先生をしている人もいれば、0歳から1歳ぐらいまでの子どもたちの面倒を見ている人もいる。そして手に職をつけるため手芸や美容師としての訓練を受けている。

この施設を見てかなり感動した。
子どもたちのためにもお母さんたちのためにも欠かせない施設であった。

そして最も感動したのが、施設長と話をした時だ。
施設長は私たちと話をしている時、ずっと「JICAに資金面でサポートしてほしい」と連呼していた。雙田隊員もずっと「JICAは資金面でのサポートはできない」といい続けているにもかかわらず、彼は言い続けていた。
そして、話をしている途中に提案書までも作成していた。
この施設は政府が運営しているわけでも、来ている子どもたちやお母さんからお金を得ているわけでもない。
収入源はほとんどなく、寄付金によってまかなっているらしい。

本当に経営がかなり苦しいようだった。
だから彼はそれでも言い続けていた。

話をしている時、「なぜ、わからないんだ?」と私は思っていた。

しかし、彼は私たちと別れる際に最後に言った。

「We never give up.」

そう、彼はJICAが資金面でサポートできないのは充分に認識しているのだ。
しかし、彼はこの施設を運営し、多くの女性と子どもたちを幸せにしたいと思っている。
だが、運営していくための予算は厳しい状況にある。
しかし、彼はあきらめるわけにはいかない。
よって、可能性は0に近いにもかかわらず、「自分のできることを全力でしている」
それが、提案書を書いたり私たちに何度も何度も頼み込むことだったのだ。

彼の最後の言葉は心に響いた。

そして思った。やはりこの世の中、お金は切っても切っても切り離せないものになっている。
何をするにあたっても金を大切になってくる。
もし私がカルロスゴーン並みの経営者だったならば、最高の運営方法をアドバイスできただろう。

無知すぎると思った。


勉強しよう。勉強しなければ、何も変わらない。

d0178633_17535612.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-08-02 17:55  

Stimulus

現在、エチオピアの学校期間は雨季休みに入っている。そのため学校隊員である私も現在は任地ドルベテでの活動は休み中である。
この雨季期間を充実させるため、首都アジスアベバでしかできないことをやろうと思っている。

エチオピアに来てちょうど1年経過したため、少しマンネリ化してくるように思われるが、私のエチオピア人生はその言葉とは皆無だ。
毎日が本当に刺激の連続である。

今回、刺激を受けたのは同期隊員の雙田茂樹隊員のおかげだ。シゲキの名を持つ雙田隊員の活動を2日連続で見てきた。

雙田隊員はアジスアベバの体育隊員なのだが、自分の活動プラスいろいろな施設や場所で自分のできることを行っている。
雙田隊員の一日につき合わせてもらうことになった。

朝、5時20分に起床し、マルカートという首都の中でも「やんちゃ」なイメージが強い場所を訪れた。
そこには、私が今までに見たことのない光景があった。

子どもたちが固まって道で寝ているのだ。

そう、彼らはストリートチルドレンと呼ばれる子どもたちで、雨季のこの時期に雨にあたらないアスファルトの上で仲間で固まりながら(固まることによって寒くない)寝ているのだ。
寒さを防ぐため、いろいろなものを巻きつけたり被ったりしながら寝ている。
中には野犬と一緒になって寝ている子どもいる。

かなりショックだった。

私はこの1年エチオピアに住んでいて、今のこの時代「飢餓や貧困で死ぬ子どもたちはほとんどいないのではないか」と思っていた。しかし、それは田舎町での話であって、ここアジスアベバでは、路上の寒さの中で寝ている子どもたちがいた。厳しすぎる現実があった。

その中、雙田隊員が一人の牧師さんを紹介してくれた。
彼は、ストリートチルドレンを集めて、犯罪やタバコなどから彼らを遠ざけるためサッカーチームを編成し教えている。雙田隊員はそのサッカー部を手伝っている。また、その牧師さんは何人かのストリートチルドレンを自分の家で面倒を見て、靴磨き屋として仕事をする機会も与えている。
彼の話を聞いていて、「子どもたちを救いたい」という思いが伝わってきた。
雙田隊員と私とその牧師で話をしている時、彼の目がだんだんと赤くなっているのがわかった。
彼は一人でも多くの子どもを自立させ、生きていってもらうために、家に住み込ませたり、靴磨きの道具を貸したりしている。

しかし、彼自身も収入はあまりよくないため、住み込ませる子どもたちにも限界はある。
彼は自分のできる限界のレベルで子どもたちを救おうとしていた。

エチオピア、特にアジスアベバでは子どもから大人、老人、障害を持った人まであらゆる人が物乞いをしている。

「Give me money」

道行く人にお金もらおうと必死になって声をかけてくる。
本当にお金がなくて食べるものもないという人もいれば、物乞いを商売にして生きている人、挨拶のように言ってくる人もいる。

つい先日、パンを大量に買って、路上で物乞いをする人々にパンを配って歩いているおばちゃんを見た。

私もエチオピアに来てから何百何千回と「金をくれ」と言われてきた。
しかし、1年間でお金をあげたことは一回もない。

理由ははっきり言って、わからなくなってきている。
初めは、
「一人の人に一回ほんの少しのお金をあげたところで、エチオピアで物乞いをしている人全員にそれが出来る訳ではないのだからあげても意味はない。それならば上げない方がいい」
「魚を与えるよりも、魚の釣り方を教えなければ状況は変わらないという言葉の通り、お金を得る方法を教えなければ何も変わらない」

といった理由を持っていた。
しかし、この牧師やパンを配っているおばちゃんを見ていて、これらはただのきれい事もしくは言い訳のように感じてきた。
来エチ当初は、「このような人たちのために何かできないだろうか」と金をくれと言われる度に考えていた。
しかし、時が経つにつれていろいろなことを知り、いろいろな人を見ることによって、無関心になりつつある自分がいた。

彼らを見ていて思った。無関心ほど最低なことない。
だからといって、物乞いの人全員に私がお金をあげることや食べ物をあげることは間違いなくできない。
私がこの先、一人の人にお金をあげることもあるかどうかもわからない。

ただ、無関心にだけは絶対にならない。

「イグゼーイエステェリン(神にご加護を)」

という言葉がエチオピアにはある。物乞いをする人に対してよく言う言葉なのだが、この言葉をただ単に言うのと、本当に心を込めて言うのだけでも私は大きく違うのではないかと思う。特別な宗教を持っているわけでも何でもないが、要するに願うか願わないかの違いだ。
今はまだ、私が本当に困っている人たちのためにできることが何なのかわからない。
適当な行動をして逆効果になることも大いにある。
「私にできることは何もない」という結論にたどりつくことも大いにある。

ただ今言えることは、本当に心からこの言葉を言うことと無関心には絶対にならないということだ。


刺激を得る機会を与えてくれた雙田茂樹隊員のサッカー部
d0178633_15491911.jpg


刺激隊員のインターナショナルクラブ
d0178633_15531869.jpg



d0178633_15574359.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-07-30 15:59  

America

お久しぶりです!!
なでしこJAPAN本当におめでとうございます!!
結果がわかっていながらYoutubeを見ても、感動してしまいました。
準決勝は首都にいたため、テレビで観戦していたにもかかわらず、決勝はゴンダールという場所に行っていたため、歴史的瞬間を見逃してしまったゲンタです。

なぜ、私がゴンダールにいたかというと、私も大きくアメリカに関わっていたのです。
私には隣の家に住む、ケイトというアメリカのボランティア団体PEACE CORPSの友達がいる。
およそ、2ヶ月前、彼女から「ピースコーで今度、エチオピア人の高校生を対象にキャンプをする」という情報を聞いた。

「キャンプ」という言葉を聞いて、ただただ興味を持った私は即座に答えていた。

「俺も参加させてくれないか?」

なんと図々しいのだろう・・・。
自分でも後から思うとよく言ったものだと思う。
しかし、神がかった心の広さを持つケイトは言った、

「Of course!!」

ということで、一人でピースコーのプロジェクトであるキャンプに参加してきた。

目的は3つ
①1週間アメリカ人とがっつり関わって英語力を伸ばす
②アメリカのボランティア団体のプロジェクトを視察する(後付け)
③このキャンプからボランティアとは何かを考える(後付け)

という、ほぼ英語を伸ばしたいという意欲だけで「行きたい」といい、新たな目標を付け加え、乗り込んでいった。


目標の①の結果
いや、私は完全に舐めていた。ネイティブの英語を舐めていた。
サッカーを始めて1年目の男が、いきなりバルセロナの練習に参加してついていけるはずがなかった。
そうです!!結果的に言えば・・・、

皆無です!!

全くわかりませんでした。
初日、この一年それなりに勉強してきて、エチオピア人との英語の会話にもさほど困らなくなっていた私だったが、世界を知らなさすぎた。
しかし、私はあきらめなかった。
「できないこと」を恥ずかしいと思わず、積極的に話しに行くことを心に決め、チャレンジし続けた。
そして、1週間で私は一つの自信を掴んだ。
この1週間で新たな単語や口語的用法は何ひとつ成長していないが、

「アハァ~ン♡」

というアメリカ人特有の相槌だけは自然と出るようになっていた。


目的②の結果
ピースコーのこのキャンプは、個人的にかなりおもしろいと思える内容のものだった。

「アムハラ・キャンプGLOW2011」

というタイトルのキャンプなのだが、
G:Girls
L:Leading
O:Our
W:World
という意味で、目的として、エチオピア人女性がこれからの社会でリーダーシップを発揮して活躍していくために、リーダーシップについて、環境面について、エチオピアにおける健康面や病気について、仕事面について、そしてジェンダーについて学ぶ場を与えるというものだった。
対象者として、それぞれのピースコーボランティアが派遣されている地域からエッセイコンテストで選ばれた高校生の女の子が計46名集まっていた。

内容としてはリーダーシップの要素について考えたり、HIV/AIDSや避妊の仕方についての知識を学ぶ場や実際に農作物を育てている場に行き見学する場、社会で活躍しているエチオピア人女性の話を聞く場、そしてジェンダーについて考える場などがあった。

この1週間彼女たちの取り組みを見ていて、このプログラムがもたらす影響力というものをすごく感じることができた。

「学ぶ」の語源は「真似ぶ」と私の恩師は言っていた。
ピースコーが行った今回のキャンププロジェクトから「良いな」と思う点を盗み、3ヶ月後に行われるJAPAN FESTIVALに活かしていきたいと思った。

目的③の結果
ピースコーが行ったこのキャンプは莫大な資金援助があり、かなり大きなプログラムであった。
キャンプに参加する前は「莫大な金を使って、キャンプをする意味があるのか?」という疑いの目があった。しかし、一緒に1週間このキャンプに参加してみて、彼女たちの驚くべき成長を目の当たりにすることができた。
確実に彼女たちの知識や技術、考え方は成長していたし、生徒一人一人に対して大きな希望と可能性を感じた。

ボランティアとして何ができるかとよく考えるが、国や州などの大きい場に小さい影響を与えるのも、我々の仕事なのかもしれない。しかし、子どもたち一人一人に限りない大きな影響を与えることは、未来のエチオピアのことを考えるととてつもなく大切なことなのだと感じた。

要するにピースコーのプロジェクトは、ねずみこうと言われている私が中間報告会で発表した「セルJr.プロジェクト2011」のセルJr.を作っているのだと勝手ながら解釈した。


最後に、勝手に無理を言って参加さしていただいたにも関わらず、カウンセラーとして、メンバーとして扱っていただき、1週間分の食事及び部屋の確保、さらにはスポーツを指導を行うというセッションまで私に持たせていただいたピースコーの皆様本当に1週間ありがとうございました。
この場を借りて感謝したいと思います。


ドルベテメンバー
d0178633_5501786.jpg


ピースコーメンバー
d0178633_552232.jpg


ゲンタを探せ
d0178633_5552329.jpg


一時、ボランティアの中で流行った「セルjr.プロジェクト2011」の模様
d0178633_672816.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-07-24 06:09  

Enthusiasm

首都に上がってきて、飯が旨すぎることと、シャワーの簡単さに大興奮しているゲンタです。

かわいすぎるタマスガンが産まれた翌日、我らがWe are the World FCの最終戦、vsバハルダール(アムハラ州プレミアリーグ2011第6節)が、バハルダールのスタジアムにて開催された。

この試合に勝った方が、この年のチャンピオンとなるため、両チームとも絶対に負けられない戦いであった。

結果は前半、3-3と五分の試合をしていたにも関わらず、最後の最後で集中が切れてまい、3-5と我々We are the World FCは敗れてしまった。

どうしても勝ちたかっただけに悔しすぎる敗戦だった。
それは、選手たちも同じで、3ヶ月前、試合に負けても「問題ない、問題ない」「気にするな、気にするな」としか言わなかった彼らが、真剣に落ち込んでいた。
この悔しさをバネにもっと成長していこうと誓った。

そして、この試合をみていて、私は一つの確信を持った。
サッカーに限らず、スポーツ全般に言えることだと思うが、本気で勝つか負けるかの戦いをしている時に、心の奥底から出てくる奮えがある。
自分の意思とは関係なく、自然と「ウォー!!」だが「ヨッシャー!!」だが叫んで、何らかのガッツポーズをしている自分がいる。W杯などでよく見られる場面だが、要するに「感動」と「興奮」の瞬間である。
この瞬間があるから、私はずっとサッカーをしてきたし、これからもずっとサッカーに関わっていくのだろうと確信した。

そして、この瞬間を選手たちに、もっともっと感じて欲しい。そのためには、もっと厳しい練習もしなければいけないし、チーム間の関係も深いものしていかなければいけないと思う。そうすることによって、その瞬間というものは大きくなるのではないかと思う。

できるだけ、多くの子どもたちにこの瞬間を感じて欲しい。
道端で、家の前で、石をゴール代わりにしてコンドームボールを蹴るのも良いだろう。しかし、私にはこの町で子どもたちにサッカーをする機会を与えることができる。
私ができること、しなければいけないこと、したいこと、その答えが「できるだけ多くの子どもたちにサッカーをする機会を与える」ということであり、私の活動なのだと感じた。

と一年の終わりに一つの答えを出した石部隊員であった。
来シーズのドルベテに注目です!!


アムハラ州プレミアリーグ2011最終節
バハルダール高校vsWe are the World FC
d0178633_21584027.jpg


ユニホームはメイドインエリティン
d0178633_2225682.jpg


エチオピアの幼稚園の卒園式
私立の幼稚園の子どもは、掛け算、割り算、3桁の計算ができるという勉強量
この教育が果たして良いのかどうか・・・。
d0178633_2293050.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-07-04 22:12  

Mother

およそ、2ヶ月前、大家の奥さんのカスが妊娠していることを知った。
同じ敷地で、毎日顔を合わし、家族の一員として私のことを優しくかつ厳しく接してくれていたカスだが、出産1ヶ月前になるまで私はカスが妊娠していることを知らなかった。

なぜなら、カスは私がこの家に来たときからかなりの太っていたため、お腹が大きくなっても私は全く気づかなかったのだ。

そんな、カスの出産予定日はおよそ3週間前だった。
しかし、1週間過ぎても、2週間過ぎても赤ちゃんは産まれてくる気配はない。

私は、エチオピアに1年住んでみて、エチオピアのことを少しばかり知っていたため、
「まぁ、医者もアバウトな感じで5月下旬から6月上旬に産まれると言ったのだろう」
とそのように考えていた。

しかし、3週間が経ち、ちょっと遅すぎないかと思っていた矢先、大家のアタレが、

「ゲンタ、明日バハルダールの大きい病院でカスを見てもらうから、朝からちょっと行ってくるな。」

と言われた。そう私の住む任地ドルベテには病院はない。ヘルスセンターというものはあるのだが、医者はいないという状況。
しかし、バハルダールに行くとなるとやはり、ちょっと危険な状態なのかなと思い出した。

そんな、心配をしていた次の日の朝、長男のナティが嬉しそうに言ってきた。

「ゲンタ、カスがヘルスセンターに行った。ついに産まれるぞ!!」

私は一安心し、そして私もすぐさまヘルスセンターに駆けつけた。
駆けつけたが、まだ産まれる気配がなかったため、クラブの練習に行き、指導をし終えてまた戻ってきた。しかし、まだ産まれる気配はない。

かなりの長期戦になっていた。家族全員でサポートし、産まれるのを待つ。

一度家に戻り待機していたが、アタレの携帯がなり、私とアタレはダッシュでかけつけた。
ついに産まれるのか!?と思ってワクワクしながら駆けつけた。
しかし、周りの様子が慌ただし過ぎる。一緒のコンパウンドに住むトゥグストが泣いていた。私は状況がつかめないでいた。

するとアタレが、

「ゲンタ、ちょっとバハルダールの病院に行かなければいけなくなった。」

と言いながら、ミニバスを呼びに行った。かなり危険な状態だということが聞かなくてもわかった。エチオピアに救急車などなく、ミニバスを貸切りヘルスセンターまで来てもらっていた。ドルベテからバハルまではおよそ1時間。自然と不安な気持ちが立ち込める。

この時、まず発展させないといけないのは医療機関だろと真剣に思った。

「頼むから無事でいてくれ」

誰もが心からそう思っていただろう。

その時、「アーアー」

小さな小さな産声が聞こえた。

奇跡が起こった。自然と涙が出てきた。

一つの「生命」の誕生であった。

良かった。本当に良かった。無事アタレ家に3番目の男の子が誕生したのだ。



カスが命がけで出産している姿を見て、命の重みというものを本当に感じた。
命は絶対に大切にしなければいけない。
命は自分だけのものではない。
だから、絶対に自ら命を捨てるようなことはしてはいけないし、そのような環境を作ってはいけない。
母親が命をかけて生んでくれたのだから。

とそんなことを考えながら、「お母さん、ありがとう」と真剣に思った。


ただ、2時間後、カスとタマスガン(赤ちゃん)は我が家に帰ってきて、カスはがっつりコーヒーを飲んでいた。
恐るべきエチオピアンコーヒー魂・・・。

かわいすぎるタマスガンくん 30分歳
d0178633_16185640.jpg


尊敬するエチオピア人のうちの一人アタレ。ただただ待つ…。
d0178633_16205284.jpg


日本人の90㌫以上が嫌いという出産後に食べる伝統的食べ物 ガンフォ。
これを旨いと思うようになってしまった私はもはや食べ物に関しては最強!!
d0178633_16241170.jpg




[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-07-01 16:27  

Thinking

Diarrhea5日目に突入し、3日前に蕁麻疹が出て、毎晩停電で、またもや水がそこをつきましたが、なぜか全てに対するモチベーションと元気だけは上昇し続けているゲンタです。

今日は、今年度私が最も力を入れてきたと思われる、We are the World FCについて書きたいと思います。

昨日、我々日本人体育教師がそれぞれ持つサッカークラブのリーグ戦、名づけて「アムハラ州プレミアリーグ2011」の第4節We are the World FC(ドルベテ) vs タイシJAPAN(ダングラ)が行われた。
前半戦、最下位だった我々は、1位になるための巻き返しをはかるため、猛練習をしてきた。

そして、迎えた当日の朝、この日もDiarrheaというモンスターと5回ぐらい戦っていたため、集合時間の7:30の10分前に私はついた。
そこで私は驚くべき光景を見た。

集合時間10分前というのに、ほとんどのメンバーが集まり、グラウンド作りをしているではないか!!
驚くべきことに私が来る前にやっておけと言ったわけでもない。
彼らは自分で考え、そして自ら行動していたのだ・・・。

クラブを発足させ、初めての練習日、誰一人時間通りに来なかったことが嘘のようだ。
私は彼らの成長がすごくうれしかった。
そして思った、

「集合の時、彼らの行動に対してしっかり褒めよう」

そして、7:30丁度に集合をかけ、挨拶と点呼をし、話し始めようとした瞬間、一人の選手が私が話す前に言い出した、

「ゲンタ!ゲンタが来る前にグラウンド準備を終わらしたぞ!!朝ごはん食べてきていいか?」


お、お、お、おしい・・・。

「確かに君たちは私が来る前にグラウンドのラインを書いていた。人に言われなくても自分たちで考えて行動することはすごいぞ。しかし!!!どこが終わってんねん!!!3分の1ぐらいしかやってへんやんけ!!!終わったというのは全部のラインを書いてから言うんやーーー!!!!わかったかぁ!?行けい!!!」

片面のペナルティエリアとゴールエリアを書いただけで、本気で全部やったと勘違いしてしまう彼は実におしかった。
しかし、この成長の積み重ねが重要であると感じた瞬間だった。

試合は、我々We are the World FCのホームということもあり、4-3というタイトな試合をしながら、何とか初勝利を手にした。

Educationという言葉はラテン語の「エディコ」かなんかから来ているらしいが、その意味は「引き出す」という意味らしい・・・。かっこいいね!!

自主性を促す教育・指導か・・・。




棒でラインを引く選手たち
高校時代ライン引きの神様と言われた私からしたら、まだまだだね。
d0178633_11381692.jpg



※ネット環境が悪いため、写真1枚しかアップできませんでした。次回に期待!!
[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-06-25 13:22