Continuation

隣の家に住むケイト(アメリカボランティア団体ピースコーのメンバー)が、先日コマーシャル・セックス・ワーカー(売春をする女性)を働かせるためのシャイベット(カフェ)をオープンさせた。
このプロジェクトはケイトの集大成と言っても過言ではないもので、数ヶ月の期間をかけてずっと取り組んできていた。
資金は全額ピースコーから支援されている。
これは2週間後に帰国するケイトにとっての最後の仕事だった。
オープンを祝うセレモニーの時、ケイトはすごく幸せそうな顔をしていて、自分がずっと取り組んできた活動がようやくスタートできてすごく喜んでいた。

しかし、このプロジェクトはこれからが勝負になるだろう。いかに上手く経営し継続させることができるかが課題である。

ケイトの後任であるジーンが引き継ぐ予定ではあるが、エチオピア人主体で経営できのだろうか?
場所が少し悪いため、客は来るのだろうか?
さまざまな問題があることは否めない。

国際協力に関わるボランティアの難しい点はここにあると私は考える。
はっきり言って、始めるのは簡単で自分の「やりたいこと」「できること」「しなければいけないこと」などアイディアを出して行動すれば、可能になることが多い。

しかし、大事なのはこの後である。いかに継続しやっていけるかどうか。
私もこの1年4ヶ月いろいろなことを始めてきた。
最初は、「継続」ということを考えないで、自分と関わったできるだけ多くの生徒や子どもたち、教師に、自分の考えや意思を伝え、将来に少しでも役立ててくれたらなと考えていた。

「無形の力」

こんな言葉があるがまさにその通りである。
ただ、人間は欲深いもので、せっかく始めたものだから将来も続いていってほしいとどうしても思ってしまう。
特に私の場合はサッカー部。このサッカー部を私が帰った後も存続していってもらうために、何とかしたいと今は試行錯誤中である。

バルセロナやミランのような100年以上の歴史があるクラブの凄さを改めて感じる。

「本気で存続させたかったら、2年以上おらないとアカンで!!」と思う方もいるかもしれないが、そこは2年でやりきることに意味があると私は思っている。
「将来存続し続けるクラブ」まさに生涯スポーツでありゴールデンプラン21である。
このクラブにすることができたら、私がエチオピアに来た意義はあったと思って帰国することができるかもしれない。


また最近、隣の隣の町に体育隊員としてやってきた女の子が、語学の問題で苦しんでいた。赴任して3ヶ月ちょっとで私からしたらものすごい話せていると思うのだが、彼女は語学の壁と戦っていた。

自然と赴任当初の自分と重なった。活動が上手くいくかいかないかは「語学」で決まると思っていて必死こいて勉強しまくっていた1年前。
彼女を見ていて、自分ももっと勉強しなければいけないと改めて感じた。

語学もサッカーも体育も、もっともっと高みを目指して勉強していこう!!
あのバルセロナさえも数ヶ月前のACミラン戦と比べて昨日の戦い方は変化があった(めっちゃわかっているように言うてますけど、全然わかってないですからね、僕)。
常に満足することなく高みを目指し続けている証拠だろう。

「若いのにわかってるじゃねぇか」とどっかの有名なバスケの監督が言っていたのを思い出す。


We are the World FC vs JAPAN Ntional Team in Ethiopia
d0178633_4554528.jpg


私の左隣は元横浜フリューゲスJrユースの候補選手
d0178633_4582264.jpg


まさかの3-4でジャパン敗退
d0178633_532330.jpg


ケイトのシャイベットオープン!!
d0178633_55923.jpg


タミさん
d0178633_581431.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-11-25 05:09  

<< Luck Advice >>