Society

「元ちゃんは社会経験してないからなぁ~」

と私はよく言われる。
協力隊員になる人は凄い経験を今までにしてきた人が多いような気がする。
私は、日本社会でいろいろな経験をして、活躍してきた隊員の人たちにいつも感心させられている。

日本社会で今まで戦ってきた隊員の人たちは、日本での社会経験がない私によく日本での経験を話してくれる。

「いや、日本は本当にしんどいよ」
「日本は厳しいからね」
「日本社会に戻ると考えたらぞっとするわ」

隊員の人たちは本当に人間的にも凄い人が多く、知識や行動力があり、何よりも常に学ぼうという向上心を持っている。
私はそんな隊員の人たちを心から尊敬し、常にこの人たちから学ぼうという意識で関わっている。

しかし、そんな尊敬すべき隊員の人たちが口をそろえて言う、「日本社会」とはいったいどんな世界なのだ!?

そんなにも厳しく、きつい世界なのか!?日本社会にはいったい何があるのだ!?

そして、私はいつも思う。そんなにも厳しいと言われる「日本社会」を早く肌で感じたい。
隊員の人たちが、日本の厳しさを語ってくれる度に、「早くめっちゃ厳しいと言われる日本社会の中で仕事がしたい!!」と思う。

ただ、今はそれ以上に「学びたい」という気持ちの方が強いんですけどね。


最近、2人の日本人と会う機会があった。
1人は日本社会で地位も名誉も金も手に入れている人で、
「仕事に楽しみや喜びなどいらない。そんな奇麗事言っていたら日本社会でつぶされるぞ!!!」と言っていた。

もう一人はオランダで研究を仕事にしている人で、「自分のやりたいこと」と「仕事として求められていること」が合致していた。
その人の目をキラキラ輝いていた。

人それぞれいろいろな生き方があるのだなと勉強させられた。
ただ、私はどんな仕事に就こうと一生その仕事に「情熱」を持ち続けるということは断言しておく。

情熱つながりで、私の神友(神がかっている友達)も、日本社会で自分の夢を一つ叶え、また更に厳しい世界に挑戦しようとしている。
彼の頑張り、彼の活躍、そして彼の情熱と魂がいつも私を熱くさせ、チャレンジさせてくれる。本当に心から感謝したい。

ありがとう。そしておめでとう!!

厳しい日本社会で仕事をすることは凄く楽しみであるが、それ以上に彼との再会、彼との熱く語り合う飲み会が何よりも楽しみである。

2002年のW杯で流行ったロナウドカット。エチオピアではこれが普通。
d0178633_6125775.jpg


私の協力隊生活の全てを賭けたプロジェクトを水面下でスタートさせた。
これが成功すれば、エチオピアの歴史に名を刻むだろう!!!と思う・・・。
d0178633_634786.jpg


私の協力隊生活の全てを賭けたプロジェクト②を水面下でスタートさせた。
どんだけ全てを賭けるのか・・・。
d0178633_6374658.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-10-08 06:39  

<< Possibility Life >>