Midnight Express③

「第3話 ナイロビ→モンバサへ ~乗り物の旅~」
ケニアの目的の一つとして、ある乗り物に乗ることがあった(訳あって、何の乗り物かは言えないので、各自想像してください)。

ケニア3日目、朝からそれ程好きでもないのだが、ゾウの孤児院に行き、ケニアの動物保護の現状を学んだ後、エチオピアで知り合ったある日本人の方がケニアに忘れたというフィルムを取りに行くことになっていた。

なぜ、このような頼まれごとを引き受けたかというと、これも「深夜特急」の影響で、当時の沢木耕太郎は友人に海外の知り合いに会ってきてほしいと言われ、それをミッションとし、苦労しながら人探しをするというのが小説の中にあった。

何事にも影響される私のため、エチオピアでこの頼まれごとを聞いた時、「これは一人旅のミッションだ」と思い、喜んで引き受けることに。
おそらくケニアで、その人が忘れたと言われるフィルムを取りに行くのは、右も左もわからない私にとって、かなり苦労するだろうと思っていた。

が、しかし右も左も知り尽くしたタクシーの運転手が簡単に連れていってくれたため、何も苦労しないで任務を達成してしまった。一瞬だった。


そして、ついに目的の一つの乗り物に乗ることに・・・。
が、しかし予定時刻の午後××時になっても、その乗り物はやってこない。

「まぁ、ケニアタイムだろう」
とホームで待つこと、4時間半、その乗り物はやってきた。

「ようやく出発だ」
とテンションがあがって待つこと、2時間、予定時刻から5時間半遅れでその乗り物は出発した。

同じ寝どころになったポーランド人のポールに話しかけた。

ゲンタ「ベッド上か下かどっちが良い?」

ポール「下に決まってるだろ!!」

(このデブ!どついたろか)と思ったが、これが欧米人の自己主張なのだと思い、見習おうと思い、どつきはしなかった。

そして、この乗り物は度肝を抜くぐらい遅かった。
窓から景色を見ていた私だが、途中走って追いかけてくる子どもと同じスピードだったことを知っているのはおそらく私だけではないだろう・・・。

そして、乗り物に乗ること16時間半(この時点で完全予定が狂っていた)、目的地のモンバサに着いたと思ったら、そこはモンバサから20kmほど離れた田舎町だった。

マネージャー「お客様、大変申し訳ございません。この乗り物は、本日はここまでです。理由は整備不良です。そのため、この乗り物は今からナイロビに折り返します。モンバサまではバスを手配しますので、外に出てお待ちください」

「後20kmぐらい絶対何とかなるだろう!!」と思ったのは、おそらくそこにいた全員だろう。

そしてマネージャーはバスを手配すると言ったが、何もない田舎町で降ろされた欧米人300人余りのバスを手配することは不可能であり、タチの悪い欧米人に文句を言われているマネージャーは少し可哀そうだった。

私も車体から降り、欧米人がマネージャーにどのような文句を言っているのをリスニングしようと近づいていった時(常に学ぶ意識を忘れない石部隊員)、あるケニア隊員に会った。

彼の名前はモリゾー。私の隊次の一つ遅れの環境教育隊員だった。
彼も一人旅をしているらしく、今からモンバサに行くことになっていた。
(後に彼は私の一人旅のキーマンとなる)

ケニアの現状を知っている彼と協力し、ピキピキと呼ばれる乗り物に乗ってミニバスが拾える場所まで行った。
そして、彼はそのままモンバサに行き、私は少しナイロビ方面に折り返したところにあるボイとういう町に向かった。

そう、ケニア一人旅、最初のハプニングにより、丸一日つぶれてしまった私は急遽予定を変更しボイに向かうことになったのだ。

このハプニングに助けの手を差しのばしてくれたのがケニア隊員の○山隊員だった。

次回「初サファリfeat...○山隊員」

ミッション達成
d0178633_5153527.jpg


乗り物のベッドにて・・・。
d0178633_5174438.jpg


これぞ、バオバブの木
d0178633_5195290.jpg


子どもの遊びはケニアでも同じ。ただ、少しクオリティーが上!!
d0178633_523370.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-09-03 05:25  

<< Midnight Express④ Midnight Express② >>