Stimulus

現在、エチオピアの学校期間は雨季休みに入っている。そのため学校隊員である私も現在は任地ドルベテでの活動は休み中である。
この雨季期間を充実させるため、首都アジスアベバでしかできないことをやろうと思っている。

エチオピアに来てちょうど1年経過したため、少しマンネリ化してくるように思われるが、私のエチオピア人生はその言葉とは皆無だ。
毎日が本当に刺激の連続である。

今回、刺激を受けたのは同期隊員の雙田茂樹隊員のおかげだ。シゲキの名を持つ雙田隊員の活動を2日連続で見てきた。

雙田隊員はアジスアベバの体育隊員なのだが、自分の活動プラスいろいろな施設や場所で自分のできることを行っている。
雙田隊員の一日につき合わせてもらうことになった。

朝、5時20分に起床し、マルカートという首都の中でも「やんちゃ」なイメージが強い場所を訪れた。
そこには、私が今までに見たことのない光景があった。

子どもたちが固まって道で寝ているのだ。

そう、彼らはストリートチルドレンと呼ばれる子どもたちで、雨季のこの時期に雨にあたらないアスファルトの上で仲間で固まりながら(固まることによって寒くない)寝ているのだ。
寒さを防ぐため、いろいろなものを巻きつけたり被ったりしながら寝ている。
中には野犬と一緒になって寝ている子どもいる。

かなりショックだった。

私はこの1年エチオピアに住んでいて、今のこの時代「飢餓や貧困で死ぬ子どもたちはほとんどいないのではないか」と思っていた。しかし、それは田舎町での話であって、ここアジスアベバでは、路上の寒さの中で寝ている子どもたちがいた。厳しすぎる現実があった。

その中、雙田隊員が一人の牧師さんを紹介してくれた。
彼は、ストリートチルドレンを集めて、犯罪やタバコなどから彼らを遠ざけるためサッカーチームを編成し教えている。雙田隊員はそのサッカー部を手伝っている。また、その牧師さんは何人かのストリートチルドレンを自分の家で面倒を見て、靴磨き屋として仕事をする機会も与えている。
彼の話を聞いていて、「子どもたちを救いたい」という思いが伝わってきた。
雙田隊員と私とその牧師で話をしている時、彼の目がだんだんと赤くなっているのがわかった。
彼は一人でも多くの子どもを自立させ、生きていってもらうために、家に住み込ませたり、靴磨きの道具を貸したりしている。

しかし、彼自身も収入はあまりよくないため、住み込ませる子どもたちにも限界はある。
彼は自分のできる限界のレベルで子どもたちを救おうとしていた。

エチオピア、特にアジスアベバでは子どもから大人、老人、障害を持った人まであらゆる人が物乞いをしている。

「Give me money」

道行く人にお金もらおうと必死になって声をかけてくる。
本当にお金がなくて食べるものもないという人もいれば、物乞いを商売にして生きている人、挨拶のように言ってくる人もいる。

つい先日、パンを大量に買って、路上で物乞いをする人々にパンを配って歩いているおばちゃんを見た。

私もエチオピアに来てから何百何千回と「金をくれ」と言われてきた。
しかし、1年間でお金をあげたことは一回もない。

理由ははっきり言って、わからなくなってきている。
初めは、
「一人の人に一回ほんの少しのお金をあげたところで、エチオピアで物乞いをしている人全員にそれが出来る訳ではないのだからあげても意味はない。それならば上げない方がいい」
「魚を与えるよりも、魚の釣り方を教えなければ状況は変わらないという言葉の通り、お金を得る方法を教えなければ何も変わらない」

といった理由を持っていた。
しかし、この牧師やパンを配っているおばちゃんを見ていて、これらはただのきれい事もしくは言い訳のように感じてきた。
来エチ当初は、「このような人たちのために何かできないだろうか」と金をくれと言われる度に考えていた。
しかし、時が経つにつれていろいろなことを知り、いろいろな人を見ることによって、無関心になりつつある自分がいた。

彼らを見ていて思った。無関心ほど最低なことない。
だからといって、物乞いの人全員に私がお金をあげることや食べ物をあげることは間違いなくできない。
私がこの先、一人の人にお金をあげることもあるかどうかもわからない。

ただ、無関心にだけは絶対にならない。

「イグゼーイエステェリン(神にご加護を)」

という言葉がエチオピアにはある。物乞いをする人に対してよく言う言葉なのだが、この言葉をただ単に言うのと、本当に心を込めて言うのだけでも私は大きく違うのではないかと思う。特別な宗教を持っているわけでも何でもないが、要するに願うか願わないかの違いだ。
今はまだ、私が本当に困っている人たちのためにできることが何なのかわからない。
適当な行動をして逆効果になることも大いにある。
「私にできることは何もない」という結論にたどりつくことも大いにある。

ただ今言えることは、本当に心からこの言葉を言うことと無関心には絶対にならないということだ。


刺激を得る機会を与えてくれた雙田茂樹隊員のサッカー部
d0178633_15491911.jpg


刺激隊員のインターナショナルクラブ
d0178633_15531869.jpg



d0178633_15574359.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-07-30 15:59  

<< Ambition America >>