Thinking

Diarrhea5日目に突入し、3日前に蕁麻疹が出て、毎晩停電で、またもや水がそこをつきましたが、なぜか全てに対するモチベーションと元気だけは上昇し続けているゲンタです。

今日は、今年度私が最も力を入れてきたと思われる、We are the World FCについて書きたいと思います。

昨日、我々日本人体育教師がそれぞれ持つサッカークラブのリーグ戦、名づけて「アムハラ州プレミアリーグ2011」の第4節We are the World FC(ドルベテ) vs タイシJAPAN(ダングラ)が行われた。
前半戦、最下位だった我々は、1位になるための巻き返しをはかるため、猛練習をしてきた。

そして、迎えた当日の朝、この日もDiarrheaというモンスターと5回ぐらい戦っていたため、集合時間の7:30の10分前に私はついた。
そこで私は驚くべき光景を見た。

集合時間10分前というのに、ほとんどのメンバーが集まり、グラウンド作りをしているではないか!!
驚くべきことに私が来る前にやっておけと言ったわけでもない。
彼らは自分で考え、そして自ら行動していたのだ・・・。

クラブを発足させ、初めての練習日、誰一人時間通りに来なかったことが嘘のようだ。
私は彼らの成長がすごくうれしかった。
そして思った、

「集合の時、彼らの行動に対してしっかり褒めよう」

そして、7:30丁度に集合をかけ、挨拶と点呼をし、話し始めようとした瞬間、一人の選手が私が話す前に言い出した、

「ゲンタ!ゲンタが来る前にグラウンド準備を終わらしたぞ!!朝ごはん食べてきていいか?」


お、お、お、おしい・・・。

「確かに君たちは私が来る前にグラウンドのラインを書いていた。人に言われなくても自分たちで考えて行動することはすごいぞ。しかし!!!どこが終わってんねん!!!3分の1ぐらいしかやってへんやんけ!!!終わったというのは全部のラインを書いてから言うんやーーー!!!!わかったかぁ!?行けい!!!」

片面のペナルティエリアとゴールエリアを書いただけで、本気で全部やったと勘違いしてしまう彼は実におしかった。
しかし、この成長の積み重ねが重要であると感じた瞬間だった。

試合は、我々We are the World FCのホームということもあり、4-3というタイトな試合をしながら、何とか初勝利を手にした。

Educationという言葉はラテン語の「エディコ」かなんかから来ているらしいが、その意味は「引き出す」という意味らしい・・・。かっこいいね!!

自主性を促す教育・指導か・・・。




棒でラインを引く選手たち
高校時代ライン引きの神様と言われた私からしたら、まだまだだね。
d0178633_11381692.jpg



※ネット環境が悪いため、写真1枚しかアップできませんでした。次回に期待!!
[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-06-25 13:22  

<< Mother Visitor >>