Visitor

先週の6月4日から10日まで、エチオピア南部諸民族州に旅行に行ってきた。
エチオピアに住んでいる以上、エチオピアのあらゆる文化や生活に触れ、エチオピアの全てを知り理解していこうと思う私にとって、この南部諸民族州の旅は欠かすことにできないものだった。

私はこの旅でいろいろと考えさせられた。
旅をする意味についても考えた。

エチオピアの人口は約8000万人、約80の民族、そして80以上の言語がある。
そんなエチオピアの南部には少数民族と呼ばれる人たちが各々言語を話し、食事をし、生活をしている。
この一年で驚くべき進化をとげた私のアムハラ語もここ南部では皆無に等しい。
そして、私たちは少数民族と呼ばれる人たちの村に行き、家や生活を見て、そしてその人たちに会ってきた。

ドルゼ族、ハマル族、ムルシ族、アリ族などなど・・・。

この人たちの村を訪れ、この人たちに会うことがこの旅の大きな目的でもあった。

しかし、私はこの旅が終わってから、この目的を反省した。

旅行に行く前、これらの民族に会って写真を撮る際には、必ず許可を得てから写真を撮り、その後に必ずお金を支払うという情報を私たちは知っていた。
彼らは少数民族と呼ばれ、現在はたくさんの観光客が彼らのもとに訪れ、彼らの写真を撮る。私たちにとって、写真を撮ってお金を払うという行為は少し違和感を感じるように思うかもしれないが、それは彼らからすれば当然の行為であり、これは一種のサービス業なのだと私は解釈していた。

しかし、私は何が一番正しいのか正直この旅でわからなくなった。
それは、ムルシ族の村に行った時に強く感じたことだ。

ムルシ族の村に車で着くとそこには、たくさんのムルシ族と呼ばれる人たちが待ち構えていた。
私たちが車から降りるとすぐに、

「ピクチャー、ピクチャー」

と迫ってきた。これは一種のサービス業だと思っていた私だが、その様子の不自然さには驚いた。
ムルシ族の人たちが普段、どのような格好をし、どのような生活をしているかは知らないが、女の人たちはあらゆる飾りをつけ、子どもを抱え、子どもの顔には私たちの目を引くためのペイントをしていた。

私がある人と写真を撮っているとあらゆる方面から私の服を引っ張り、

「ピクチャー、ピクチャー」

と迫ってくる。
誰と写真を撮るか考えていた時、「自分はいったい何様なんだ」っていう気持ちになった。
偉そうにお金を払い、自分の満足のために写真を撮る。何か間違っているような気がする。
しかし、写真を撮って、お金を払うことによって彼らの生活は成り立っているのかもしれない。そう考えると需要と供給なのか・・・。

家に帰ってゆっくり考えていた。
少数民族と呼ばれている人たちにとっての「幸せ」とは何なのか?
彼らが、私たち観光客に対して「マネー」「ピクチャー」と言ってくるようになったのは、間違いなく私たち観光客の責任であり、観光客がいなければ、少数民族と呼ばれる人たちはもういなくなっていたかもしれない。
観光客がいるから彼らは少数民族であり続けるのか、それとも心から自分たちの文化や生活を守り続けたいために、少数民族であり続けるのか。

彼らにとって、自分たちの文化や生活を守ることが幸せなのか?それとも実は発展した生活をしたいと思っていて、そういった生活をすることが幸せなのか?

その答えは彼らだけが知っている。ただ一つ言えることは、全て私たち観光客が大きく関わっているということである。

「人生とは旅であり、旅とは人生である」

かの有名なサッカー選手が語っていたが、これから数々の旅をするであろう私は少し「旅の仕方」というものを考えなおそうと思った。

今回の旅のメンバー
我らを引っ張ってくれた東田夫妻!!お父さん、お母さん本当にありがとうございました!!
d0178633_19575783.jpg


ドルゼ族の村の観光客向けのサービス よく考えてある・・・。
d0178633_2072077.jpg


ハマル族withゲンタ①
d0178633_20173932.jpg


ハマル族の男性withゲンタ②
d0178633_20383039.jpg


ムルシ族の皆様
d0178633_20495510.jpg


私たちのノリに付き合うムルシの男性
d0178633_20514487.jpg


道路で偶然出会った竹馬族の子どもたち
d0178633_2056069.jpg


withゲンタ
d0178633_20582652.jpg


いろいろなことを考えてたが、写真を撮りまくっていた石部隊員であった。
[PR]

by genta_ishibe87 | 2011-06-14 21:02  

<< Thinking Ethiopian Football >>