First impression

エチオピアに無事到着。
アフリカの首都はどの国もかなり発展していると聞いていたため、アディスアベバ(エチオピアの首都)も、発展しているのかなと想像していた。しかし、その想像のハードルがでかくなりすぎたのか、アディスはTHE アフリカって感じやった。
先輩隊員もアフリカの中でもエチオピアはぶっとんで貧しい方やから、ここで暮らせたらどこでも行けるよと熱い一言。

By the way
2日目、エチオピアの街を歩いていると、赤ちゃんを連れたお母さんや両足切断している人、そして5歳ぐらいの男の子が「金をくれ」と物乞いをしてきた。
かなりショックやった・・・。テレビや訓練でそういう経験をするとは聞いていたし、想像もしていたけど、実際にそのように言われた時のショックは半端ないもんがあった。
特に子どもに関しては、キラキラした大きい瞳で見つめながら、手を差しのべてくるねんけど、それをされたら心が痛すぎる。

ただ、この子一人にお金を挙げたところで、物乞いをする人全員にはお金をあげられないし、ちょっとのお金をもらった子の状況も何も変わらない。むしろ、日本人はお金をくれるものだというものだと思われてしまう。

What can I do ?

何もできず、首を横に振ることしかできなかった。
悔しすぎたし、心が痛すぎた。この人たちのために自分はいったい何ができるのか??
本当に物乞いをされるのは、かなりキツいし、無視するしかできない自分が情けなさすぎる。

いろいろな話を聞くところによると、物乞いを商売のようにして生きている人もいるらしい。しかし、一方では、かなり良い服を着てかなりおいしいご飯を食べている人もたくさんいる。住んでいる同じ場所に、これ程の格差があることを目の当たりにして、自分にできることを考えると同時に、アフリカの歴史、経済、政治などいろいろなものを学んでいかなければならないと思った。もっと勉強しなくては、2年間いる間、自分はエチオピアの人々にとって、ただの無力な人間になってしまう。

I am thinking this problem now.

絶対に自分の答えを導き出し、自分のできることを全力でしよう。

エチオピアの第一印象として、ここに書いておこう


それから、遅くなりましたが、僕がエチオピアに行くにあたって、餞別をくださいました方々、また、応援のメールを下さった方々、そして、関西空港まで来てくれた内藤、かつ、誠也、馬場ちゃん、ゆか、あっちゃん、ムー本当にありがとうございました。
無事エチオピアにつき、新たなスタートを切ります。みんなから、もらった手紙は僕の原動力の源になるでしょう!!
それから、内藤、あのキャプテンマークは本気で泣きかけてぞ!!

本当にありがとう。

d0178633_20284131.jpg


d0178633_20343365.jpg

[PR]

by genta_ishibe87 | 2010-07-01 20:15  

<< African Children Last Japan >>